020が060より先に電話に使えるようになった理由とは?

今年の10月から
「020」から始まる電話番号が
使われるようになる。

その理由は、
「090」「080」は既に枯渇。
「070」も2015年の時点で
残り4420番号になったからだ。。

このままいくと2018年には、なくなってしまう。

そこで、その対策として電気通信番号規則等の一部改正して今年から「020」を(M2M専用で)利用できるようにしたらしい。



今、携帯・PHSなどに使われている最初番号の最初の3桁は「090」「080」「070」の3種類だ。

「090」や「080」から始まる11桁の番号は1億8000万番号あるらしいのだが、すべて使われているそうだ。

そして「070」も2015年の時点で残っているのは4420番号だけらしい。

このままでは、2018年にはなくなるらしい。
次はどうするか…議論されていたそうだ。

「020」は、携帯やPHSには使わない?

電話番号は携帯やPHSの他にM2Mという「人が操作しない機器間ネットワーク通信システム」にもつかわれているらしい。

例えば自販機、エレベーター、ATMなどでM2Mが、使われている。
もっとわかりやすいところでは、ペットの見守りなどにも「090」や「080」が使われていた、ということだ。

だから、この「020」を、M2M専用にすることで「070」の残りの番号の減りを遅くする、という狙いがある。

なぜ020なのか。

順当に行けば、次は「060」を使いそうなものだ。

だがあえて「020」にした理由は以下の通り。

・普段使われている番号とかけ離れているので識別しやすいこと
・020の大部分が使われていないこと。
※発信者課金無線呼出し用の番号が0204番号帯のみが使用されているので0201~0203までと0205~0209をM2M専用にする。

考えてみると…
「010」は国際電話で使うし「050」はIP電話で使われている。

今のところ空いているのは「030」と「040」「060」の3種類。
「060」は、いずれにしても近い将来「070」が枯渇した時に携帯やPHSに使われることになるだろう。

「030」と「040」は、今後の新サービスに備える、という意味で取っておくべきとなり「020」に決まったらしい。

新たに使えるのは8000万番号。
これは、いつまで持つかな?

ちなみに…
総務省の発表によれば、携帯の普及率は2016年3月で、123.1%だったらしい。

「060」の番号が出現するのもそう遠くないだろう。