東海道新幹線で不祥事! 車掌が乗務中にタバコ!!電子タバコ「iQOS」とは?

JR東海によると、
今月2日夜、新大阪発東京行きの
東海道新幹線「のぞみ408号」に
乗務中の20代の男性車掌が、
列車後方の運転室内で
「電子タバコ」を吸っていた。

JR東海では厳正な処分を
検討している。

スポンサーリンク


今回は、外部からの指摘ではなく、
内部調査で発覚。

東京駅でこの車掌が
タバコの吸殻(後述)を持っていたのを
別の車掌が見つけた。

その後の社内調査などで、
勤務中の喫煙を認めたと
いう事らしい。

尚、喫煙による列車の運行への
影響は無かったとの事だった。

JR東海では、
就業規則で乗務中の
喫煙を禁止しており、
たとえ電子タバコであっても
喫煙とみなしているという。

電子タバコとは

主にタバコ型の吸入器で、
フルーツ系やミント系などの
香りをつけた水蒸気を
吸引する為の道具を指す。

通常は
カートリッジに入った液体を
電気によって加熱して
霧状にしてそれを吸引する。

吸入感覚がタバコに非常に
近いといわれており、
タバコの代用品として、
また禁煙・減煙を目的として
使用することが多い。

車掌が吸っていた電子タバコは「iQOS」!

前述の新幹線の車掌が吸っていた
電子タバコは「iQOS」だと思われる。

何故なら、電子タバコにも
色々な種類があるが、
ほとんどはカートリッジを使用する。

それに対し、iQOSは
専用の「タバコ(ヒートスティック)」
を使用するので、「吸殻」が残る。

「電子タバコ」で「吸殻」が残るのは、
iQOSしかないからだ。

iQOSとは

フィリップモリス(PM)社が
長年にわたり研究・開発を
続けてきた電子タバコ。

昨年の9月に、発売された商品だ。

PM社のオフィシャルサイトによると
「iQOSの技術は、ヒートスティック内の高品質かつ特別ブレンドのたばこ葉部分を、燃やすことなく、正確に制御された温度の範囲で加熱し、味わい豊かな体験を生み出します。紙巻たばこの喫煙から得られる味わいを再現できると同時に、燃やさず加熱することにより、煙が出ず、灰が出ず、紙巻たばこの煙に比べてにおいも少なくなっています。」
とのこと。

たばこを燃やさずに吸えるので
タールが出ず、結果発がん性物質の
9割削減に成功した
と発表されている。

スポンサーリンク

「アメトーーク」で喫煙芸能人がアイコスを熱く語る

つい最近も雨上がり決死隊の
「アメトーク」(テレ朝)という番組で
「最新、芸人タバコ事情」という
テーマが放送されていた。

芸能界でもiQOSがかなり大流行のようだ。

フットボールアワー後藤は、自分の
iQOSが充電切れになった時に備え、
付き人やマネージャー含め、
常に4個は常備しているそうだ。

だけど、ここまで来ると、
番組の中でも言われていたが
iQOSに支配されてる感
ハンパない。

後藤ほどではないにしろ、
複数個常備している人は
結構いるらしい。

思わず、「iQOSシンドローム?」
とでも名付けたくなる。

【新品未開封】【送料無料】【正規品】【あす楽】iqos navy iQOS-NAVY- アイコス ネイビー iqos navy

楽天で購入できます。

たばこはやっぱり身体に悪い?

筆者は3年前に禁煙しました。
それまでは、セブンスターを
1日2箱、36年間吸っていました。

そのわりに、やめる時は
禁断症状も無く、何も
苦労しないでピタっとやめられました。

でもその後、かかりつけの医者に
言われた言葉は一生忘れません。

「たばこやめられたんですね、良かったです。実は、あのまま吸い続けていれば動脈硬化が進んで、いつ心筋梗塞になってもおかしくない状態だったんですよ。

本当に命の危険があるとき、人間の身体はちゃんと直そうとするんです。
たばこをやめる時、禁断症状がなかったのがその証拠です。
身体が、たばこをやめる時だよって教えてくれたんですね。
よかった、よかった…」

たばこをやめられて、本当に良かったです。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク