漫画「翔んで埼玉」内容がひどすぎるのに大ヒット!?「月曜から夜ふかし」でマツコ効果絶大!

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ」

これは「翔んで埼玉」という
埼玉を徹底的にディスった
(ディスリスペクト=侮辱)
ギャグマンガの一コマのセリフだ。

これが今、爆売れしているという。

スポンサーリンク



通常は10万部超えればヒットとされる
マンガ業界で、昨年12月に復刊され
3ケ月足らずで55万部を突破した…

出版不況といわれる出版界
にあって異色のヒット作である。

翔んで埼玉

著者は「パタリロ!」で御馴染みの
魔夜峰央(まやみねお)氏。

あらすじ

埼玉県民は、東京都民からのいわれなき
弾圧に苦しんでいた

そんな中、東京の名門校・白鵬堂学院に
麻実麗という男子学生が転入してくる。

容姿端麗、文武両道に優れた麗に学院の
学生達は魅了される。

しかし麗は、実は埼玉県で高名な大地主
西園寺家の子息だった。

麗の父親はゆくゆくは麗を政治家にして、
埼玉県民に対する差別政策を
撤廃させようと目論んでいた。

しかし、麗がデパートで埼玉県出身の
家政婦を庇ったことで埼玉県出身で
あることが露見してしまう。

仕方なく麗は所沢に戻り、
埼玉県民開放の為の
抵抗運動を始める・・・。

というもの。

月曜から夜ふかし~マツコ・デラックス

なぜこのマンガが55万部もの
ヒットになったか?

そこにはヒットメーカー
「マツコ・デラックス」の存在があった。

今や、一言「うまい」と言えば、
8億円とも10億円とも言われる
経済効果をもたらすマツコ。

その影響力は計り知れない。

そんなマツコ・デラックスの看板番組
「月曜から夜ふかし」の中で
この「翔んで埼玉」が紹介されたのだ。

視聴者からの
「東京で埼玉県民が虐げられる
ストーリーが衝撃的」だという口コミ
からマンガの内容が紹介され、
それがネットでも拡散されていった。

スポンサーリンク

2万5千部→20万部→33万5千部→55万部

発売元の宝島社の担当者はこう語る。

実は、2015年夏頃から、
「今ネットで盛り上がっているマンガがある、
これ復刊した方がいいよ」
という声が上がってきたのがこの
「翔んで埼玉」だった。

そして、発売の1カ月ほど前に
「月曜から夜ふかし」でこのマンガが紹介された

それは、全くの偶然だったらしい。
しかしこの偶然によってヒットが必然となった。

企画段階での部数は2万5千部。

オンエア後の反響が凄くて
予約段階で既に2万5千部をオーバー。

更に増版の為
発売日を5日延期しこの時点で20万部。

重版して33万5千部。

最終的に55万部を突破した。

企画段階での2万5千部は別として、
550,000部-25,000部=525,000部は
マツコのお陰といえるかもしれない。

1冊700円×525,000=3億6千7百5十万円
の経済効果!

正にマツコ様々である。


comics 翔んで埼玉
宝島社さん、マツコ・デラックスに足向けて寝られませんね!

しかし、今さらながらだが
マツコの破壊力恐るべしだ。

まだ暫くは、「マツコ・デラックス」から目が離せないようだ。



フォローする

スポンサーリンク