TSUNAGO鉛筆削りに感動!世界が欲しがるメイド・イン・ニッポン!~所さんのニッポンの出番 より

中島重久堂 TSUNAGO つなぐえんぴつ削り…
TSUNAGO=「つなご」と読みます。

簡単に言うと、短くなって使えなくなった
(使ってもいいのですが)鉛筆を
削りなおして繋いで使おう!

っていう商品なんです。

スポンサーリンク


まず、鉛筆のおしりのほうを削って穴を開ける(凹の状態)。
次にもう一方の鉛筆の芯の方を削る(凸の状態)。
凸と凹を木工ボンドで繋ぐ。
はい、ニコイチのオリジナル鉛筆の出来上がり!

これらの作業が全て1個の鉛筆削りで出来るんです。
スッゴイですね~!

中島重久堂 TSUNAGO つなぐえんぴつ削り

アマゾン⇒中島重久堂 TSUNAGO つなぐえんぴつ削り
アマゾンでは2,650円~3,170円でした。

これも前記事「1秒タオル」と同じようにTBSの「世界が欲しがるメイド・イン・ニッポン!~所さんのニッポンの出番」という番組で紹介されました。

自分が子供だった時、まだシャープペンシルなんてものは有りませんでした。
それこそ、鉛筆をナイフで削って使っていたんです。

でも、削って削って10cmをきる位の長さになると、使いずらいんですよね。
かといって新しい鉛筆を買うにもお金がかかるし、なにより勿体無い。

仕方なく、短くなって書き難くなった鉛筆を一生懸命使ってました。
あぁ、タイムマシンがあればあの頃にこの鉛筆削りを持っていきたい!
そんな郷愁に駆られる一品です。

スポンサーリンク

世界では今でも短くなった鉛筆を一生懸命使っている、使わざるを得ない子供たちが沢山います。
そんな子供たちに是非届けたい、日本が世界に誇れる逸品ですよね。
ちなみにこの商品、超大人気でちょっとやそっとでは手に入れられないみたいです。

参考までに販売元の中島重久堂のコメントを載せておきます。(抜粋)

「ネット販売停止と今後の一般販売について」
ネット予約を受け付けておりましたが、3月9日をもちまして新規の予約受付は停止いたしました。
・・・・・
今回、誠に残念ながらご予約いただけなかった皆様には、2種類の方法で購入いただけるよう企画しております。
5月頃には店頭で購入して頂けるよう、全国に支店を持つ専門店と話を進めております。
詳細が確定いたしましたら、弊社ホームページやフェイスブックにてご案内させて頂きます。
・・・・・
なお、今後弊社による直接販売の予定はございません。
委託先のネットショップでもお求めいただけますよう企画してまいります。
・・・・・
今後とも、TSUNAGOをよろしくお願い申し上げます。
出展元 中島重久堂



フォローする

スポンサーリンク