ゴキブリがツナ缶に入ったのは昼休み中!?はごろもは公表も自主回収もなし!…なんで?

山梨の主婦が購入したツナ缶にゴキブリが入っていた!

13日、主婦は購入先のスーパーに届け出た。
製造元の「はごろもフーズ」が調査。

その結果「昼休みで作業を止めている間に、空の缶にゴキブリが入った可能性があると判断した」らしい。
18日、はごろもフーズは主婦に謝罪。

今のところはごろもフーズは「公表や自主回収などの対応をとらない」そうだ。

何故だろう?

スポンサードリンク


入っていた商品は、2014年12月に製造した「シーチキンLフレーク」。
もちろん、こういう場合の回収などの判断は、多分、義務では無いと、思う(わからないけど)。
が公表は義務だろう?(違った?)

今までの例を見ていると「異物混入」「即回収」という流れにこちら側が慣れているから、気になるのかもしれないが…ちょっと、意外な気がした。

「商品の自主回収はしない」理由とは?

商品の自主回収はしない理由として「同様の申し出が他にない」からなのだそうだ。

ゴキブリが混入した理由としては…
下請けの会社の昼休み、作業を止めている間に、空の缶にゴキブリが入った可能性があると判断した、という。

ニュースの内容は、ほぼこのような感じだ。

はごろもフーズの対応から感じる温度差

入っていたゴキブリ(全長約15ミリ)。
フタを開けた主婦はかなりびっくりしたことだろう。

はごろもフーズと言えば日本の大手食品メーカー。
かなり多くの種類の食品が世に出ている。

缶詰、レトルト食品、パスタなどなど…
そんな中でも「シーチキン」はツナ缶のトップブランドだ。
その中にゴキブリって…

はごろもフーズでは、事実を公表せず回収もしないという…ある意味「にぶい」反応だ。

下請けの会社の「昼休み、作業を止めている間に、空の缶にゴキブリが入った」という。
作業を止めている間のゴキブリが入る、って…どんな作業場なんだ?




ゴキブリがいる時点で、この作業場はアウトだろう。
どんな会社なのだろう?

大手はごろもはこういう会社で作ったものを販売しているのか?と思われるだろう。

いとも簡単に原因が判明したのも気になる…
でもこの理由が事実なら、その日以外にもゴキブリが入っている可能性はなくはないだろう。
昼休みは、ほぼ毎日とるだろうし。

さらに「同様の申し出が他にない」というのも公表・回収しない理由。
普通は、次の申し出が出ないように迷惑をかけないように「公表」「回収」をする。

大きな企業であるほど、その対応は驚くほど早い、ような気がする。
そして、その対応が良ければ、信頼も回復するのも早い。

ここが今までの混入事例とちょっと、違う。

主婦は、謝罪を受け入れたという。
それは、それでいいだろう。
はごろもさんもそれで解決した、と思ったんだろうな。

でも、正直言ってこのニュースを聞いた以上、はごろもの缶詰はもう購入しないだろう、というのが今の気持ちだ。

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



ゴキブリがツナ缶に入ったのは昼休み中!?はごろもは公表も自主回収もなし!…なんで?