今、長尺トイレットペーパー(3倍・1.5倍など)が売れている!その理由とは?

最近トイレットペーパーの売り場に
1.5倍や3倍という文字が付いたものが
目につくようになってきた。

これは「長尺タイプ」と呼ばれるもので、
ロール一個の長さが今までのものより長くなっている。

販売店によれば、売り上げは
「前年比で140%くらい」とのこと。

でもトイレットホルダーに入るの?という素朴な疑問が湧く。
そのあたり探ってみた。

スポンサーリンク



これまでは、トイレットペーパーは、1パック12個入っていて、1個の長さが25mが一般的だった。それに対し「3倍巻き」はその名の通り1個の長さが75mになっている。

トイレットペーパー 通常タイプ:長尺タイプ

アマゾンで売っているスコッティのトイレットペーパー1パックを比較してみると…

【通常タイプ】
スコッティ フラワーパック トイレット12ロール 25mダブル…トータル300m(334円)

スコッティ トイレットペーパー フラワーパック 12ロール(ダブル)12ロール×8パック
※96ロール by Amazon

これを基準にして
【長尺タイプ】

・3倍:「スコッティ3倍長持ちトイレット4ロール75mダブル」…トータル300m(334円※Amazonプライム会員値段

スコッティ トイレットペーパー フラワーパック 3倍長持ち 4ロール(ダブル)4ロール×12(48ロール)
※48ロール by Amazon

・2倍:「スコッティ フラワーパック 2倍巻き トイレット6ロール 50mダブル」…トータル300m(348円)

・1.5倍:「スコッティ 1.5倍巻き コンパクト トイレット8ロール 45mダブル」…トータル360m(444円)

となる。※カッコ内はAmazonプライム会員値段参考

スポンサーリンク

巻きは3倍なのに厚さの差は8ミリ

ホルダーに入るの?

普通長さが倍になれば、巻きも厚くなり、ホルダーに入らないのではないか?と言う疑問が生まれる。だが、実際、紙の長さが3倍も違うのにロールの厚みは8ミリほどの違いしかないそうだ。

では、なぜ、8ミリで収まったのか?

長尺タイプのトイレットペーパーは
・直径が膨らまないようにきつく巻いている
・これまでの柔らかさを保ちつつ、表面のでこぼこをつぶさない特殊な技術を使っている

このことにより、使用感は従来と変わらないそうだ。

長尺のメリット

・購入しやすい
言うまでもなく、12ロールに対し、4ロールなら、コンパクトになり、重さも大きさもかなり違って持ち運びしやすい、というメリットがある。

・取り替える回数が減る
当然長さが変わるのだから、取り替える回数は減り、芯を捨てる回数も減り、ごみも減る。

・物流の回数が減る
例えばトラックに積む場合でも通常タイプ箱の高さ6個分に対し、長尺タイプは8箱入る、という具合。これを長さや運ぶ回数に換算すれば、かなりの差がありかなりのメリットになる。

長尺タイプの出現は、購入者側も製品を作って運ぶ側にとってもかなりいいことらしい。

※以上「TBSNEWS」参照

まとめ

8ミリの差なら、うちのトイレットホルダーにもちゃんと収まるだろう。
値段も見る限り、あまり変わりはない。

なら、購入もありかな、と思う。

ちなみにAmazonでは、3倍タイプはベストセラー商品となっており、在庫数がかなり少なくなっているのが現状だ。
トイレットペーパーの「通販でまとめ買い」は、もはや当たり前の時代らしい。

いまの在庫が無くなったら、買ってみようか…。

スポンサーリンク