うめ星電車、出発進行!和歌山電鉄だけに?ニタマ駅長も応援!

和歌山電鉄の“うめ星電車”出発進行!

ニタマ駅長(たまⅡ世駅長)で
お馴染みの和歌山電鉄が、
またユニークな企画を打ち出した。

その名も「うめ星電車!」

重厚なフォルムは
梅干し色。
特産品「南高梅」を世界に発信しよう!という心意気を感じる。

スポンサーリンク


うめ星電車…和歌山電鉄だけに?

今年は、貴志川線開業100年とともに、
和歌山電鉄10周年という節目の年だ。

その記念として、和歌山の
特産品「南高梅」をテーマにした
「うめ星電車」を6月4日から
走らせる事となった。

デザインは水戸岡鋭治氏。

実は、和歌山電鉄の車両を
水戸岡氏がデザインするのは、
これが初めてではない。

tama

これまでにも「いちご電車」「おもちゃ電車」
「たま電車」を手掛けており、今回の「うめ星電車」で第4弾となる。

いちご電車
公式HP→http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/train/ichigo.html
おもちゃ電車
公式HP→http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/train/omoden.html
たま電車
公式HP→http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/train/tamaden.html

スポンサーリンク

うめ星電車の概要

その外観は、ウメ干しをイメージした赤色。
内装には障子すだれ
床や天井には木を使って
和風の味わいを盛り込んだという。

更に「梅星」などのロゴも作成し、
様々なグッズ展開も狙う。

水戸岡氏曰く
「見て楽しい、乗って心地よい、花も実もある車両になりました。また、寺や神社の多い沿線に合う、上品で高級な車両です。」
とのこと。

うめ星電車サポーター募集

和歌山電鉄では、今回うめ星電車を運行するにあたり、車両の改修費用を支援してくれるサポーターを募集しています。

・1口(千円)以上 10口以上
「うめ星電車」の車内プレートに永久的に名前を掲示
・10口未満
和歌山駅の9番ホームに、3ケ月間名前を掲示

特典
受付1件につき1個、限定缶バッジ(非売品)が付いてくる

郵便振替でも申込み出来るそうなので、興味のある方は申し込んでみては如何でしょう。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク