Yシャツの下に何を着ていますか?の続き

実は、前回のワイシャツ下着問題には続きがあります。

夏になるとサラリーマンの半袖姿が多く見受けられます。
え?と思う人はいませんか?
夏になると半袖になるのって当然だろ?
何か問題でも?と…

Yシャツの半袖問題

日本では、クールビスとして勧められているようですが、実は下着同様、半袖は国際ルールを逸脱しているのです。

ちなみに、私は、社会人になる時、先輩に「Yシャツの半袖はマナー違反だ」と教えられました。仕事がサービス関係でもあったため背広はよく着ました。でも、半袖シャツは買ったことはありません。

なので、暑い日、ワイシャツは、いつも思い切りまくっていました。

半袖の問題点は、袖口からからわきが見えること…
日本人はここから見える脇毛も嫌がる人が多いのです。

かといって、剃るのもおかしい、ということで…
やっぱり「グンゼ」の「SEEK」をオススメする!ということらしいですが…(笑)

グンゼのSEEK
icon

スポンサーリンク


そしてこのバイヤーさんの言葉が面白いのでそのまま挙げます。
(日経ビジネス「夏の定番結局ワイシャツの下には何を着ればいいのか2」)から

― 本音を言えば、やはりそれなりの社会的地位にある中高年会社員には、半袖はあまり着て欲しくないです。特に白の半袖のワイシャツに、紺やグレーのスラックスで通勤しているお父さんは、一度でいいから自分の姿を鏡で見てもらいたい。まるで部活帰りの中高校生です ―

部活帰りの高校生…とはまた厳しいですが…これだけ日本人の意識が国際的ルールとかけ離れているのか、と改めて考えさせられてしまいます。

― 中高年社員ともあれば役員に急に呼び出されて、プロジェクトや現場の最新状況を問い質される事もあるでしょう。役員の方は、いつ要人や重要顧客に面会してもいいように、国際常識に従った洗練されたファッションをされているはずです。そんな役員室に、中学生の姿をした中高年が入っていったらどうなりますか。―

「何だ、こいつは」的な空気にはなるかもしれません。―

最後は、インタビュァーさんの言葉ですが…

その他、国際常識から外れている「ボタン糸に色」「襟に裏地」の指摘もありました。
おかしなファッションで半袖…完全にアウト!ということです。

その現場が仕事なのか、ファッションが必要な場所かということも考えるべき、というのが基本なのでしょうね。

生活の中で今後一層、、国外が、身近になっていくことでしょう。

国際的なルール…と聞くと難しいような気もしますが、相手に与える印象を考えるということがマナーの第一歩、無知では済まされないということを知らされたような気がします…

icon

GUNZE store(グンゼストア)



フォローする

スポンサーリンク