アンナチュラル第5話は衝撃の展開!中堂が鈴木に復讐させてしまう?

「妻が自殺するはずがない、どうしても死因を調べてほしい」と一度は警察に自殺と判断された妻の遺体をUDIラボ持ち込んだのは鈴木という青森から来た男だった。

鈴木の必死な思いは、中堂の心を動かす。やがて自殺ではないことを突き止めるミコトと中堂。犯人がいるかもしれないと中堂に聞いた鈴木は、彼女の葬式会場で真犯人を刺してしまう…という衝撃の展開に、今回は驚いた。

スポンサーリンク


中堂が過去に恋人の遺体を解剖したこと、今でもその死因と犯人を捜し続けていることを知ったミコト。そして恋人の死因がわからないまま「永遠に答えの出ない人生」を送っていることも…

そして、恋人を妻と偽り、葬儀場から遺体を盗んでまで「彼女が死んだ理由を知りたい」と願う鈴木。彼の人生を救うため、中堂とミコトは奔走する…

第5話 「死の報復」の簡単なあらすじ

UDIラボに鈴木という男が溺死した妻の遺体を持ち込んだ。警察は、妻の死を「自殺」と判断したが「妻が自殺するはずがない」と青森からはるばるUDIを訪ねてきたのだった。

ミコト達は早速遺体の検視を始めた。

そのころフォレスト葬儀社では木林が、葬儀を始めようとした矢先、棺桶に入っていた筈の遺体が無いことに気付く。木林がUDIラボについた時にはすでに検視は始まっていたためミコトは「死体損壊罪」になる、と言われてしまう。

結局ミコトは騙された被害者で「死体損壊罪」は遺体を盗んだ鈴木が問われるという事になったらしい。

彼女が自殺と断定された理由

鈴木の同棲相手「鈴木果歩」が海に飛び込んだところを見た、という目撃者がいた。そのため警察は早々に自殺だと判断した。

一緒に住んでいるはずの鈴木(巧)がいなかったこともあり、彼女の遺体は東京にいる両親の元に送られた。彼女の死を知り、青森から急ぎ駆け付けた鈴木。彼女の両親に「自殺するはずがない」と必死に訴えるのだが、彼のせいで自殺したと思っている両親に拒まれ、遺体にも会わせてさえもらえなかった。

彼女の自殺を疑い、死因を突き止めたかった彼は、葬儀会場から彼女の遺体を盗んでUDIラボに運んだのだった。

結局、ミコトは、被害者で、鈴木は、留置場に入れられる。

その後もミコトや東海林たちは彼女の死因について考えようとするのだが所長に止められてしまう。
が、中堂が、なんと彼女の肺を切り取って、クーラーBOXにしまっていた。

スポンサーリンク

中堂は、自分に鈴木を重ねてた?

中堂は個別の案件に深入りするタイプではない。なのに、なぜ今回の案件を調べようとするのかと、ミコトは中堂に尋ねる。

中堂は、
「考えたことがあるか?永遠に答えの出ない問いを繰り返す人生。」「今、結論を出さなければ、もう二度とこの人物がどうして死んだのか知ることはできない。」

「今、調べなければ…調べなければ、永遠に答えの出ない問いに一生向き合い続けなけりゃならない。そういうヤツを一人でも減らすのが法医学の仕事なんじゃないのか?」とミコトに言うのだった。

今「永遠に答えの出ない問いを繰り返す人生」を送っている中堂だから言える、鈴木を救う方法で法医学者しかできないことだと、中堂は言っていたのだ。

倫理と感情の狭間

中堂の言葉に、また自分の過去を思うミコト。「倫理的に多少の問題があったとしても、誰かの一生を救えるなら目をつぶるべきなのか?」と悩むのだった。

(一家心中の生き残りの)ミコトもまた「家族と自分を殺すのに躊躇はしなかったのって?とあの人に聞きたくても死んでしまったから永遠に聞くことはできない。」と思っていた一人なのだ。

自分は今いる母に聞いて納得?したが、「未解決の事件の遺族には終わりがない。大切な人がどうして死んでしまったのかわからないまま永遠に『どうして?』って考えていかなきゃいけない。」

中堂や鈴木が、まさに今、そういう時を過ごしているのだ。

二人は協力し、真相が判明!

やがて鈴木が釈放される。そこで彼を待っていたのはミコトと久部だった。ミコトは「違法な解剖の代金はもらえない」と預かった35万を、鈴木に返す。

ミコトは鈴木に死因を聞かれるが「溺死は溺死だが事故か自殺かは、わからなかった」と答える。
すると鈴木は「(お金を)返さなくていい。調べてもらえないか」とミコトに頼む。ミコトは断るが鈴木は土下座をして「お願いです。本当のことが知りたいです」と、必死に頼むのだった。

結局、中堂の勝手な捜査にミコトも協力し始める。
「鈴木さんのこれからの人生がかっている。「永遠の問い」に区切りをつけて、未来を向けるようにできることはしたい。」というのだった。

二人はおおっぴらにラボを使うことができないので、100均で必要なものを揃え、中堂のマンションで「彼女が亡くなった位置」を特定する水質検査に取り掛かる。さらに久部に顕微鏡を持ってこさせ、東海林に食べ物?を持って来させた。

スポンサーリンク

その頃、鈴木は、まだ東京にいた。車の中で1人、婚約指輪の代わりにあげたネックレスを喜んでいる彼女が映っている動画を見ていた。そして、ふと「まい」という女性に電話をし、何かを頼んだ。

一休みするミコトが中堂の部屋にある本の中から1冊の絵本を見つける。『絵・作 こうじやゆき』…ミコトはその絵本が中堂の亡くなった彼女が書いたものだと気付く。

「知らないだろう、マイナーだからな」その絵本について話す中堂は、笑顔だった。「俺には、よくわからん。いい絵本かどうか、そいつに才能があったのか、なかったのか…」と。

絵本を読み終えたミコトは、思い切って「中堂さん、何かできることがあれば。法医学者として何かできることがあれば…」というと、中堂は温かい目になり「今やってる。」と言う。ミコトはたぶん中堂の為にという意味だったが「そうですね」というしかなかった。

もしかして絵本にミコトの心を動かす何かが書かれていたのかもしれない。

中堂は鈴木をけしかけた?

夜通しかけて調べた結果、やっと水質検査の結論が出た。

ミコトは警察に彼女が溺死したのは入水した地点ではなく発見地点だったことを説明。さらに死後CT画像を確認。「顔面を打ち、気を失い溺死した」と推定された。

ミコトがラボに戻る前に、同じ結論を出していた中堂は、鈴木に死因を説明。自殺ではないと言う。そして「彼女は顔面から海に落ちた。(目撃者は、足から落ちたと言っていた)足から落ちたそいつは誰なんだ?」と。

さらに「偽装するのは無関係な人間じゃない。殺すつもりだったのか、突き落としたら死んでしまったのか、そこは犯人に聞かないとわからない。ただすぐに助けを呼んで意を失った彼女を引き上げていれば助かった可能性は高い」鈴木は、亡くなった彼女がネックレスをしていなかったことを聞くと「おかげで確信が持てた」と言った。

鈴木の「心当たり」が、中堂の言葉で確信へと変わった…

嫌な予感がした?ミコトと久部は葬儀場近くで中堂を見つける。鈴木の事を聞くと「犯人に会いに行った、彼女にあげたはずのネックレスをしていた女性が葬儀場に来ているらしい。」と言うのだった。

その頃、葬儀場では、そのネックレスをしている女性(まい)が亡くなった彼女の両親に「鈴木の事を許して欲しい」と話しているところだった。彼女は鈴木に頼まれて青森から来たという。

そこへ鈴木が現れる。
足元に、白い包み紙が落ちる。(嫌な予感)
鈴木はまっすぐ彼女に向かって歩いていき…ナイフで刺す。
女性は、血を流しながら、倒れこむ。

「なぜ殺した?」と鈴木はナイフを持ったまま向ってくる。
「ごめんなさい、事故だったの」と謝る彼女。

駆け付けたミコトが「まだ間に合う」と彼を止めようとするが、鈴木は、果歩の顔を思い出すと…もう一度彼女にナイフを突き刺してしまう。

舞い落ちる雪の中、空を見上げる中堂。

歩き出す中堂をつかまえたミコトは、どうして鈴木を止めなかったのか聞く。中堂は「殺す奴は殺される覚悟をするべきだ。」という。

「そんな話をしているんじゃない。鈴木さんの人生の話をしているんです。人を殺させて…」とミコトが言うと「思いを遂げられて本望だろう。」と答える中堂。
「納得できません」というミコトの手を突き放し、中堂は歩いていく。

警察に連れていかれる鈴木を無表情で見つめる久部。そして、鈴木の後姿を写真に収めるのだった…。

まとめ

今回の鈴木役の、泉澤祐希さんは、いい味を出していたと思う。久部が「彼女の事めっちゃめっちゃ好きで、人生全部だった」と彼のことを言ったが、まさにその純粋さを上手く表現していたと思う。

その純粋さ故に、自殺ではないと言い続け、死因を知りたいと願い、思いつめた果てに、犯人を呼び出し、刺してしまう…はっとしたし、このドラマをそこまで追い込んでほしくなかったが、仕方ないのだろうな。

ちなみ彼は5歳から子役をしているらしい。最近ではNHKの「ひょっこ」に出演。そういえば、なかなかの好青年の役を演じていたな。

ラストの流れは、次回へ伏線となりそうな感じなので、別ページに書こうと思う。

スポンサーリンク