宇多田ヒカル「私の曲は気にせず無料で使って欲しい!」と言うが…

先日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽教室から著作権使用料の徴収を始める方針だというニュースが流れた。

このニュースに対して宇多田ヒカルは、自分のツィッターに「自分の曲は無料で使って欲しいな」と書いた。

が、もしこの徴収が決まったら…宇多田ヒカルの曲だけ除外ということはできるのだろうか?

スポンサードリンク


日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽教室から著作権使用料の徴収を始めるということについて、先日記事を書いた。

音楽の著作権料を音楽教室からも徴収?これってどうなの?

この件について、宇多田ヒカルが、
「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権なんか気にしないで無料で使って欲しいな。」
と、ツィートしたという。

見てみると、ヤフーニュースの動画と一緒に確かにコメントがあった。

このコトは、その後もワイドショーなどでも色々とりだたされている。

例えば日本テレビのスッキリでは、MCの加藤浩次は「…ちょっと行きすぎな気がしてしまう」と言っていたし、菊池弁護士も「…ある程度放任する領域があっても良い」という考えのようだった。

困惑、怒り…関係者の思い

JASRACは自らの存在意義を根本から見直したほうがいい!(音楽評論家)

生徒は楽器の演奏技術を学ぶ、その対価として授業料を払っている。
聴衆として楽曲を楽しむためではない。JASRACは著作権保護という本来の目的を完全に見失っている。(音楽家)

音楽文化を根こそぎ絶滅させる気か(音楽ジャーナリスト)。 ※Yahooニュースより抜粋

と、今回の著作権の考え方の違いや、未来の子どもたちと音楽の大切さを踏まえて、音楽関係者からいろいろな反対意見が出ているようだ。




これまで、自分には直接関係ないと、あまり気にしていなかった音楽の著作権。
実際この徴収が、音楽を作った側(作詞家や作曲家など)に入るわけだから、当の本人たちにすれば、もう少し実入りが良くなると考えるから、そう大きな声で反発はないだろう、と正直思っていた。

が(たぶん最近は特に、かなりの額の著作権料が入っているだろう)宇多田ヒカル自身が、こういうコメントを出したことで、他の貰う側の音楽関係者も同じような気持ちでいると声を出してくるのではないだろうか?

宇多田ヒカルの曲だけ除外できるのか?という件だが…

もし宇多田ヒカルの歌の出版社や個人がJASRACと契約しているのであれば…
これは、従うしかないだろうな。
宇多田ヒカルはともかく出版社は、そう簡単に契約は切れないだろう。
※もちろん、私の勝手な意見です

それよりもなによりも、JASRACさん、ちょっとそこまでしなくていいんじゃない?という彼女の気持ちの現れだと思う、が、どうだろう。

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



宇多田ヒカル「私の曲は気にせず無料で使って欲しい!」と言うが…