今「写ルンです」が人気!木梨憲武も使ってるその魅力とは?

今「写ルンです」が人気なんです!
発売から30年を経て
再び若者のおしゃれアイテムに?

とんねるずの木梨憲武もTV番組で使ってた!
その魅力ってなんだろう?

スポンサーリンク


「写ルンです」とは

1986年に富士フィルムから
発売された「写ルンです」。

使い捨てカメラの先駆けと
言われています。

が、実はこれ、「使い捨て」
でも「カメラ」でもない
って知ってました?

まず、「使い捨て」の部品は
リサイクルして再利用しているので、
「使い捨て」ではないのです。

そして「カメラ」ということですが、
あくまでも「フィルム」に
レンズとシャッターを付けたもの。

「レンズ付きフィルム」
という位置づけで、
数えるときも「1台」ではなく
「1本」なのだとか。

いい意味での「こだわり」ですね。

それはさておき、
このレンズ付きフィルムは、
誰にでも手軽に写せる便利さ
と低価格とが相まって、
1997年のピーク時には
出荷本数8,960万本を記録しました。

しかし、その後の
デジタルカメラやスマートフォンの
出現により、市場は大きく縮小し、
2012年にはピーク時の5%以下
となる430万本まで落ち込んだのです。

それが今、
若者を中心に愛用者が増えている
といいます。

スポンサーリンク

今、なぜ「写ルンです」なのか!

一体どこに需要があったのか
というと…

実はインスタグラムなどの
SNSが大きく関わっている
ようなのです。

かつて 「写ルンです」を
衰退させた原因が
デジカメやスマホです。

それらがメインとなる
SNSの世界が「写ルンです」
復活の場となった…

実に面白いと思いませんか?

フィルム写真は
デジタル化された写真と違い、
淡く、どこか懐かしさを
感じさせる風合いがあります

それを若者は「おしゃれ」
と感じるようです。

デジカメのように
撮影枚数に限りが無く、
失敗作は消して何度でも
撮り直せると思えば、
何百枚でも撮影できます。

が、
フィルム写真には限りがあり、
撮り直しがきかないから、
一枚一枚を大事に撮影しよう

とします。

だからこそ、失敗作も
作品になるのです。

そんな不自由さも
含めて若者はフィルム写真を
楽しんでいるようです。

先日、
とんねるずのTV番組の中で、
とんねるずが番組に
応募してきた一般家庭に
アポなしで訪問するという
企画がありました。

その中で、
木梨憲武がこの「写ルンです(多分?)」
を使って写真をバンバン撮り、
それを機械ごとプレゼントしていました。

スマホだと、写真を撮ったら
相手のアドレスを聞いて
データを送ってという
手間がかかります。

が、「打つルンです」は
撮り終わったらフィルムごと
「ハイッ」。

この潔さがイイですよね。
さすが木梨、にくい使い方を
しているなと思いました。

そういえば最近、
音楽の世界でもレコードや
カセットテープなどの、
いわゆる「アナログ回帰」現象が
流行っていると聞きます。

今、時代は古き良きものに
「回帰」しつつあるのでしょうか?

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク