和風ハンバーガー…寿司職人が作る和テイストのハンバーガーとは?

寿司職人

3月11日放送のテレビ朝日
「スマステーション」で放送した
「最新キーワード検定2017春」で
2番めに紹介されたキーワードは…

「和風ハンバーグ」

その人気に迫る!

スポンサーリンク


今、和の食材や調理法を取り入れたハンバーガーが人気らしい。

例えばフィッシュバーガーの専門店「デリファシャス」は、寿司職人の経験を活かした独創的な和風バーカーが人気だ。
銀座で寿司職人として働いた経験を活かし、洋食を和テイストに仕上げている。

「デリファシャス」1番人気の昆布締め魚バーガー

2日間、真昆布で占め旨味を最大限に引き出した白身魚をカラッと揚げ

・キャベツ・たくあんを炒めた具材
・かつお出汁と豆腐を合わせた特製ソース
・付け合せはお寿司屋さんのガリ
・バンズで挟む
値段:918円

客の感想…「衣がサクサク、だしの味が効いていて美味しい。」

他にも活け〆した新鮮な煮穴子を穴子を天ぷらにしてパンに挟む
「活け〆煮穴子の天ぷらドック」(918円)などここにしか無いメニューがどんどん増えている

スポンサーリンク

「スラムスバーガーハウス」のお重で出てくるハンバーガー

築100年の古民家風のお店。
ハンバーグはなんと「お重スタイル」で提供される。
「ダンクバーガー」と名付けられ、和風のつけダレに浸して食べる
※つけダレはわさび 生姜 出汁レモンの1種類を選ぶ

恒例の試食の時間で、ゲストの神木が食べて絶賛した。
「美味しい!和風だ!すごい合う!」と喜びの感想だった。



フォローする

スポンサーリンク