わら人形事件!「丑の刻参り」を本格的にやるのは難しい!

花束を受け取ってもらえなかったはらいせか、女性の経営する職場の駐車場に、藁人形を置いたとして、51歳無職の男が逮捕された。
藁人形とは、穏やかではない…

スポンサーリンク


藁(わら)人形と丑の刻参り

もともとわら人形は、稲わらを人の形に作った人形だ。
地方の祭事などで祈祷時、悪いものを人形に移し浄化するため人の身代わりとして使われた。

が、このような事件なら、やはり、わら人形と言えば「丑の刻参り」という言葉を連想する。

恨みたい相手をわら人形にみたて、夜中に誰にも見つからないように木に五寸釘で打ち込む、という呪いの方法だ。
ある人に言わせれば「呪術」なので、やり方によっては、自分にも返ってくることも覚悟しなければならないという。

恨みというより、嫌がらせ?

今回の事件は、麻紐で作ったわら人形に、女性の名前を書いて釘を打ち駐車場に置いてあったそうだから、ある意味たちの悪い嫌がらせだ。

何でも、この男は、この女性に好意を持っていたらしい。
花束をもってきたが、女性は、受け取らなかった。

その、腹いせなのだろう。

そもそも、この女性には、ご主人がいる。
他にも、いろいろイタズラらしきこともあったので、監視カメラを設置したところ、この男が、わら人形を置いたことがわかったらしい。

スポンサーリンク

ところで、丑の刻参りで、呪われたらどうなる?

この「丑の刻参り」は、時間、装束など、いろいろ決まりごとがあるようで、そう簡単にはできず、実行しにくい。

まず身を清めるところから始まり、白い衣装を着る、霊験あらたかな所に行く、丑三つ時、誰にも見られない、1週間続ける…
なかなか半端な気持ちではできそうもないだろう。

誰もいない夜中の1時過ぎに、霊験あらたかなところで、一人で…
もうそこで幽霊の一人ぐらいには会いそうだ。

更に人を「呪う」という非現実的なことだけに、逆に何が起こるかわからない、不気味さもある。
しかも失敗すれば、自分に返ってくる、というのだから、たまったもんじゃない。

呪われた場合、釘を打ち込まれた部分に痛みを感じたり、病気になったりするそうだが、果たして本当かどうかは、疑問だ。

そう言えば昔、そんなサスペンスのTVか映画もあったなぁ。
狂ったような表情で女が釘を打つと、打たれた相手が胸を抑えて苦しむ…みたいな?

林の中で、わら人形を見つけて、釘を抜くと、その人は、元気になった、だったかな?

ちなみに…今年始めにも「わら人形事件」が起こっていた。
こちらも、女性にフラれた腹いせで、女性の家の庭に針を刺したわら人形があったという。
この容疑者は、否定しているらしい。



フォローする

スポンサーリンク