Windows10 メリットとデメリットは?無償は7月29日まで!


「Windows 10」の
ほぼ強制的?だった
そのダウンロード。

無償で出来るのも
来月27日までだそうだ。

その「ウィンドウズ10」の
メリットとデメリットを
簡単にまとめてみた。



しつこかったWindows 10のアップグレード

Windows10とは
マイクロソフト社の
新しいオペレーティングシステム (OS) の名前だ。

最近、パソコンを開いていると
突然Windows10のアップグレードの
カウントダウンが始まって焦った…

ということは無かっただろうか?

マイクロソフト社は、
Windows10への
アップグレードを(強制的に?)
すすめているのか?

突然始まるカウントダウン…
強制的なこの動きに
ちょっとカチンときたのは
私だけではないと思う。

私は、
この画面が出ないように
する方法をネットで探し、
幾つかためしてみた。

が、それでも出てくる。

3つめの方法を施したところで、
なんとか出なくなった…

これは、
その方法が功を奏したのか、
マイクロソフト社が自粛したのか
定かではない。

最近は、ウィンドウズマークから
控え目に顔を覗かせる感じだ。

無償アップデートは今年の7月29日まで

この無償期間は
昨年の7月29日から始まっていて
期間は1年間。
来月の29日で終わる。

この期間が過ぎれば、当然
「Windows10」へ アップロードは
有料になる。

自動のアップデートは収まったものの
実際、無料のうちに
アップデートすべきか
どうか、悩むところではある。

アップデートしても
「やっぱり前のバージョンのほうがいい」
となれば戻すこともできる※らしいのが…

※Windows 10にアップグレードしてから1カ月未満なら、「設定」メニューの「更新とセキュリティ」にある「回復」から、バージョンを前のものに戻すことができるそうだ。


ウィンドウズ10 のメリットとデメリット

デメリット

リリース早々見つかっているさまざまな不具合や不満が結構ネット上に出ている。
代表的なものを挙げてみると…

・DVD再生機能が標準で搭載されていない
⇒別途「Windows DVDプレーヤー」
(1500円)をダウンロードする必要がある

・アップデート時間が最低でも1~2時間
場合によっては失敗することもある

・周辺機器の互換性の確認が必要
⇒古いアプリケーションは動作しない

と、微妙な不満では、ある。

メリット

PCのシステムの最低要件は変化していないので使いにくくはない、らしい。

特に大きいメリットは…
・セキュリティの強化、安全性が高くなる。
・サポート期限が延長される。

この2点だ。
例えばWindows 8~8.1のサポート期限終了は2018年1月9日だ。
(延長サポート終了は2023年1月10日)

これを短いと見るか、まだ大丈夫、と見るかによっても違ってくるが…。

あとは…
・アップグレードが無料※7月29日まで
・Windows7に近いスタートボタン
・ブラウザ「Edge」が使える
・音声アシスタント機能「Cortana」が使える

と、他にも新しいシステムが使えるようになるのも魅力の一つと言える。

何れにしても、アップグレードする時は、大事なデータの保存はバックアップしておく事を忘れないようにしなければならないだろう。

参考までに…サポート期限をしらべてみた。

※サポート期限終了(延長サポート終了)
・Windows10…2020年10月13日(2025年10月14日)

と、かなり余裕だが、他は徐々にサポートしでもらえなくなる日が近づいてくる。

・WindowsVista…2012年4月10日(2017年4月11日)
・Windows 7…2015年1月13日(2020年1月14日)
・Windows 8~8.1…2018年1月9日(2023年1月10日)

「Windows10」有料ならいくらなの?

【オンラインでアップデート】

Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版) [オンラインコード]【新価格版】

アマゾン価格:¥ 13,800

【USB(フラッシュドライブ)でアップデート】
アマゾン価格:¥ 18,100
Microsoft Windows 10 Professional (32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)

どちらを選ぶか、の前に…

購入する位なら、今のうちにアップデートした方がいいと思う。
取り合えす、、アップデートして使ってみて、使いづらかったら戻せばいいだけのこと。
1ヶ月以内なら、戻せるらしいから…