上野の赤ちゃんパンダの名前「シャンシャン」はどうやって決まったのか?

昨日、上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんの名前が生まれてから105日目で決まった。
香るを2つ重ねて「香香」と書き「シャンシャン」と読む。
英語表記は「xiang xiang」

発表した小池百合子都知事はこの名前「丁度花が開くようなイメージなのかな」と笑顔だった。

スポンサーリンク


「シャンシャン」の評判はすこぶるいい

朝の情報番組TBSの「あさチャン」でパンダの名前が決まったというニュースがあった。
「香香」と書き「シャンシャン」と読むそうだ。直感的に“ああ、いい名前だ”と思った。

街の人達へのインタビュ―でも

・女の子らしいイメージ
・可愛いイメージ
・華やかな、楽しそうな、爽やかな感じ

など評判がいい。

中国人へのインタビューでは
「とてもいい名前、中国人の名前で『美しい人』という意味」と言っていた。

(ほう~、そうなんだ、ますますいいじゃないか。)

パンダといえば黒柳徹子

彼女も今回決まった「シャンシャン」という名前について
「音の響きは今までのパンダの名前にはない新鮮な感じがします」
「子供でも覚えられるし、漢字にしてもいいと思います」
とコメントを出していた。

(そういえば、確か彼女も審査員ではなかったかな?)

スポンサーリンク

シャンシャンという名前が決まるまで

赤ちゃんパンダは今年6月12日に生まれた。

「中国では、生後100日を迎えた子は丈夫に育つ」と言われるところから「名前が決まるのは9月末頃」といわれていた。そして生まれてから105日めの昨日、公表された。

名前の選び方について

名前の公募は7月28日~8月10日までだった。

名前広報選考委員二木さんによると…
今回の名前の応募総数は「32,2581件」あったそうだ。

この中から「既存キャラクター名」を除き14件に絞った

さらに委員6人の投票から、8件に絞られたそうだ。

(以前、このことはニュースでも流れたが、名前は伏せられていた)

8件の候補名は…

・シャンシャン(5161件)
・レンレン(4454件)
・ヨウヨウ(2886件)
・マオマオ
シンリ―
・ルール―
・シュウシュウ
リーシン

と、重ね言葉以外の名前も2つ入った。
(これは両親の名前、父パンダ…「リーリー」、母パンダ…「シンシン」の名前から取ったか?)

「ルンルン」になっていたかも?

実は、応募で一番多かった名前は「ルンルン」で12,154件もあったそうだ。
だが、採用されなかった。

その理由は…

他のパンダに付いていたから。
アメリカのパンダについているのだという。

じつは、31年前、赤ちゃんパンダの名前を公募した時も「ルンルン」が多かったそうだ。
当時は「ルンルン気分」という言葉が流行っていたこともあったから、らしい。
だが、漢字でかけないとの理由から却下されたという。

結局この時は、「トントン」(童童)に決まった。

パンダの名前を付けるには「国内外のパンダの名前」や「商標登録」の有無を調査し、他にない名前を選ぶ必要があるのだという。

今回の「シャンシャン」という名前で応募された件数は5,161件。
確か、自分が応募した名前が決まったら抽選で、上野動物園オリジナルグッズがもらえる、と書いてあった。さらにその中から3名が選ばれ、上野動物園で開催予定の「名前おひろめ会」に招待される、ということも…

この中から、該当者が選ばれることになるのだろう。

現在、シャンシャンは、体重6㌔ 65㌢。
動画を見る限り、ぬいぐるみのようですごく可愛い。

上野動物園では、12月頃を目処に一般公開する予定らしい。
その頃はもう少し大きくなっていることだろう、楽しみだ。

関連記事

小池都知事、赤ちゃんパンダに「かわいい名前を!」で、パンダネタを集めてみた!

夏目三久も応募する?パンダの名前募集!カタカナ・文字制限なし!

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク