YouTubeがあの非人道的ユーチューバーとの提携を解除!世の中こうでなきゃ!

数日前、青木ヶ原の樹海に行き、自殺した人を発見し、その映像を流したアメリカの有名ユーチューバーがいた。
彼の行為は、当然世界中から非難を浴び、ユーチューブに彼のチャンネルの削除を求める声も上がっていた。そして、今日、ユーチューブはそのユーチューバーとの提携を解除した。

スポンサーリンク


ユーチューブが遂に動いた!

ユーチューブはこの問題に対して、オフィシャルのツイッターでコメントを発表した。

要は、YouTubeは「ローガン・ポールのチャンネルはコミュニティガイドラインに違反しており、ガイドラインに従って対処しました。」ということらしい。

ガイドラインに従って対処した

「コミュニティへの公開書簡」と題し…

・「あなた方の多くは最近の私たちの認識不足に不満をいだいています。あなた方は正しく、何が起きているのかを知る必要があります」
・「自殺は決して冗談でなければ、再生回数を増加させる原動力ではありません」
・「(ローガン・ポールのチャンネルについて)然るべき対応を取り、さらに経過観察中です」
・「我々は暴力的を煽ったり、敬意に欠ける動画の投稿を禁じています」
・「我々はすべての意見に耳を傾けています。一介の動画投稿者の軽率な行動が視聴者全体に影響をおよぼすことを承知しています」
・「このような動画が二度と広まらないために、もっと意見を共有しましょう」

※engadget(http://japanese.engadget.com/) 参照・抜粋  他 

ユーチューブも「人間の会社」だった、ちょっと安心した。
でも、ローガン・ポールのチャンネル自体の削除は、していないらしい。

ユーチューバー ローガン・ポールとは

問題のユーチューバーの名前は「ローガンポール」1995年生まれ、というから、22歳…わ、若い!

・アメリカのユーチューバー
・弟(ジェイク)とユーチューブのチャンネルを持っている
・10代の若者たちから人気がある
・これまでのチャンネル登録数1500万人
・動画再生回数、独自用品の販売、タレント発掘などで収入を得ている。年収約11億という噂も…

YouTubeには、現在7本の動画が残っていた。さすがに画像は綺麗だ。でもやっていることはハチャメチャで、動画時間も長い。子供に受けている、というが、どこがおもしろいのか、おじさんには、ぜんぜん理解できなかった。

事の発端

12月31日に流した動画(15分の映像)が問題になった
・日本の青木ヶ原で自殺した遺体)を友人と発見、その時の映像流した。(顔にはモザイクをかけていた)
・「気分がよくない」といった友人に、彼は冗談を言ったり笑ったりしていた。

この動画は、24時間の間に600万回再生されたと言われている。その後非難を受け、削除したと言われているが…

その映像を見たユーザーから非難の声が上がる

「敬意を欠いている」
「ものすごく不快な映像」
「最低な人」
「彼の行動が不適切」

ポール氏、すぐに謝罪動画を流す

「ショックと畏敬の気持ちで判断を誤った」
「判断ミスを何度も犯した」
「許されると思っていない」
「ビデオを投稿するべきではなかった」
「他にもやり方はあったのにそうしなかった」
「恥ずかしく思う」
「自分にがっかりした」

彼を擁護したユーザーに対しても「自分を擁護しないで。擁護に値しない行動だから」と言っていたそうだ。

彼は、一方で「自殺防止の意識を向上させる、プラスの影響を与えたかった」と弁明していたらしい。そのうえで「この映像からは収入を得ていない」とも言っていたらしいが、それはどうかはわからないようだ。

というのも、彼の謝罪動画がユーチューブのトレンドページに上がったあと、無収入化するまでの短い間に7000ドル〜5万6000ドル稼いだはずだ、という話もあるからだ。

スポンサーリンク

前の日には、日本の観光地迷惑行為動画もアップしていた

彼は、この青木ヶ原動画投稿(12月31日)の前日(12月29、30日)に日本の観光地での迷惑行為動画もアップしていた。

日本のニュースでも取り上げていた、その内容は…

「文化に敬意を払うことを忘れちゃいけないよ。」と前置きしながら…

・浅草の線香の煙を浴びる香炉で炎を燃え立たせるなどの危険行為
・ゲームボーイを購入後、道路に叩きつけ、購入した店舗に「ゲームができないと苦情を言う
・ポケモンボールを走行中の車に投げつける
・築地の走行中のトラックに飛び乗る
・素手でタコや生魚を手で持ったまま歩いたり、タクシーのトランクに乗せたり、車道に、寝転んだり…

と、かなりひどい。

だが、信じがたいことに、彼は「人気ユーチューバー」なのだ。その証拠?に、彼のチャンネルのフォロワーがこの1週間で約580万人も増えているらしい。(何をもって人気なのか、よくわからないが)

すぐに「ポールのYouTubeチャンネルの削除」運動が起きる

彼が投稿するこれらの動画は、見る人によってはかなり不快なことも確かだ。「彼はアメリカの外に出してはいけない」という人もいた。

今回の青木ヶ原の動画は、世界中の動画ユーザーの批判を浴び「ポールのYouTubeチャンネルの削除」を求める署名が始まった。1月8日の時点で、約37万人の署名が集まったと言われていたが…1月10日17時現在で45万人を超えたらしい。

この署名運動が、きっと、ユーチューブを動かしたのだろう。
ローガン・ポールのチャンネル自体の削除はされていないので「処分が甘い」との声もあるが、それは今後に期待しようと思う。

スポンサーリンク