親族巻き込む自民党都連が出した文書の内容と半端ない危機感?

自民党都連が、おふれ(「都知事選挙における党紀の保持について」)を出した…。

その内容の中に
「議員(親族含む)が 増田氏以外を応援した場合、除名される」という事が書いてあった。

なんだこれ?

逆に言えば「自民党議員の親戚も増田氏に票を入れろ!入れないと除名するぞ!」って言ってると同じ?

こうなると、取りようによっては、なんか選挙違反っぽいぞ(飛躍しすぎ?)…
※応援と投票は別だって、意見が返ってきそうですね…
でも、小池さんの応援はしないけど小池さんに投票はOKってこともありえないよなぁ…

自民党都連、かなり危機感、感じているようだ。

スポンサーリンク


7月11日、自民党東京都連は「都知事選挙における党紀の保持について」という文書を所属国会議員や都議らに配ったそうだ。

都連が推薦している「増田氏」以外を応援すると除名になる、という内容だ。
要は、小池氏を応援するな!と言っているらしい。

当然、都連の会長「石原伸晃」の署名がある。

「都知事選挙における党紀の保持について」を出した理由

・東京オリンピック・パラリンピックを控え、舵取り役を決める重要な戦い
・挙党一致で勝利を目指して奮闘しなければならない

とか書いてある。
が、本音は、小池氏を応援しようとしている人たちの動きを止めるのが狙いのようだ。

小池氏は、れっきとした自民党員だ。
結局、これはただのいじめではないのか?

「あいつと仲良くしたら仲間はずれだかんな!」みたいな…

小学生レベルだ。

スポンサーリンク

「都知事選挙における党紀の保持について」の内容

1、党員は党の決定した公認・推薦候補者を応援し党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならないこと。

2、党員は反対党の候補者を応援し、または党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為をしてはならない。

3、各級議員(親族含む)が 非推薦候補を応援した場合は、党則並びに都連規約、罰則規制に基づき除名等の処分の対象となります。

親族含む…

親戚は、親戚だろう。
当然、他の政党を応援している親戚だっているだろう。

ここまで規制する権利が自民党都連にあるのだろうか?

ネットを見ていても、この部分に違和感を感じている人は多いようだ。

この文章に、自民党都連の誰も異議を唱えなかったのだろうか?

安倍さんもこれを認めているのだろうか?

親戚まで、巻き込むのはどう考えてもおかしいだろう?

結局ここまでしないと、増田氏では戦っても負けるだろう、と言っているようなもの。

党員をここまで締めつけなければならないほど、「危機感を持っている」ってことに他ならない。

それほど弱い増田氏を押す理由は、なんだろう?

仁義を通さなかった、というだけで、小池氏をここまで嫌うのは何故だろう?

小池氏が、やりたいと言っているのだから、絶対頑張ってくれると思うんだけどな…
周りに担ぎあげられて、じゃぁやりますか、という人より…

とバタバタしている間に、

なんと野党4党の統一候補としてジャーナリストの鳥越俊太郎氏が出馬を表明した。

強敵だ。

鳥越氏が相手じゃこれくらいやらないと自民党に勝ち目はないかもしれないな?

どうなる都知事選?どうする自民党?

これで小池氏が当選したら面白いな・・・(勝手なひとりごと)

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク



コメント

  1. 瀬辺 勝裕 より:

    どおちらにしても、鳥越が知事に成る様なことにでも成ったら日本も終わりだな。
    自民党東京都蓮もクズ集団だが、共産、維新、いや民進だっけ、のクズ以下集団も粛清出来なければ。
    俺も小池女史は好きじゃないけど今回は仰る通りなので・・・。

    • tata より:

      コメントありがとうございます。
      ここ数日の3者の行動を見るにつけ、いろいろ考えてしまいます。
      小池氏の言葉ジリが気になったり、鳥越氏の過去の話など…こうなると増田氏の棚ボタもありうるか、など…
      月末まで、まだ時間があります。何が起こるかわかりません、見守っております。