精霊の守り人

精霊の守り人

精霊の守り人最終回「旅立ち」のいいところはトロガイ(高島礼子)が全部持っていった?

精霊の守り人 最終章、最終回… その時、大地が揺れ天変地異が起こる。金の鳥が空を舞う―。 とうとう、その答えがわかる。 結局、聖導師に操られていただけだった帝。 信じ切れていなかったヒューゴに実は期待されていたラウル王子。 ち
気になるキーワード

精霊の守り人 最終章 第8回「神なき世界」新ヨゴ国の帝の思い上がりに腹が立つ!

いよいよラスト2回になった 「精霊の守り人最終章」。 新ヨゴ国の王宮を守る砦が 落とされようかという時に、 ロタ王国とカンバル王国の 兵を引き連れ、現れたチャグム王子… 彼らが加わったことで状況は一変。 ついにタルシュ軍は、後
精霊の守り人

精霊の守り人 最終章 第7回「傷だらけの再開」バルサ死にそうなタンダに会う!

新ヨゴ国の王宮を守る砦が、タルシュ軍に攻められる。 新ヨゴ国の帝は、天に祈りを捧げ続ける。 バルサは、やっとタンダに会える。 そして、トロガイは新ヨゴ国は、ナユグの春によって無くなるかもしれないと星読み達に教えるのだった
精霊の守り人

精霊の守り人 最終章 第6回「戦下の別れ」チャグムとバルサが向かう先は…

新ヨゴ国の皇太子チャグムは、 バルサの故郷カンバル王国の新国王と 手を結ぶことができた。 「精霊の守り人最終章」は後半に入った。 新ヨゴ国とロタ王国を舞台に、 また新たな展開が…
精霊の守り人

精霊の守り人最終章 第5回「槍舞」バルサがジゴロの魂と闘いログサム王が精霊に?

「精霊の守り人~最終章」は早いものでもう5回だ。 この最終章の、前半の舞台はバルサの故郷カンバル。ここでの目的は、チャグムがカンバル王の協力を得ることだが、それと同時にバルサの育ての親ジグロの「国を守る」という意思を継ぎルイシャ贈りの儀式で戦
精霊の守り人

精霊の守り人最終章 第4回「ログサムの野望」カグロの悲しき最後…バルサが王の槍に!

前回ログサム(カンバル王)は、バルサに「カグロが本当に弟のジグロを殺したか?」に尋ねた。バルサがどう答えるのか…というところで前回は終わった。 おぁー、なんて答えるんだ?バルサぁ~ と、心の中で叫んだのが、ちょうど一週間前だった。
テレビ情報

精霊の守り人最終章 第3回「ルイシャ贈り」山の王の詳細がわかった

バルサは久しぶりに会った叔母のユーカに、事実を話す。すぐには信じられないユーカだったが、徐々に受け入れていった。そこに現れた老人。彼はバルサとチャグムに槍舞とルイシャ贈りの話をするのだった。 徐々に明らかになってゆくカンバル王国の謎と真実…。
精霊の守り人

精霊の守り人 最終章 第1回 ある意味エピソードゼロ!バルサの過去とチャグムの未来

カンバル王国の王ログサムは山の王の扉が開いたと告げる…このシーンから精霊の守り人最終章がいよいよ幕をあけた。 オープニング映像のバルサが、今までの印象とだいぶ違っていて驚いた。ホコリまみれだった彼女が鮮やかな赤い衣装に身包み、舞うように短槍を
精霊の守り人

ジグロがカンバルを離れた本当の理由は?精霊の守り人「山の王/闇の王(国?)」の謎

ジグロがカンバル国をバルサと離れた理由は「バルサを守るため」とばかり思っていた。が「精霊の守り人 最終章」の第2回を見たら、実は、別のもっと深い理由があることがわかってきた。 前回に引き続き、今回もカンバル国王のバルサムが「山の王の扉が開いた