崖っぷちホテルの江口(中村倫也)は下町ロケットのキーマンだった!ので深堀りしてみた

崖っぷちホテルの空気の読めない総料理長・鳳来ハル(浜辺美波)のバックアップをしている競艇狂いのスーシェフ「江口隆二」。

シンプルな顔立ちのイケメン
アクは強くない。そして、さりげないセリフ回しが妙に印象に残る俳優「中村倫也」だ。

今後活躍しそうな予感がするので調べてみた。

スポンサーリンク


現在日テレで放送中の「崖っぷちホテル」。以前総料理長役の「浜辺美波」について記事を書いた。

浜辺美波「崖っぷちホテル」空気読めないキャラで注目!CMでも好感度アップ!
日テレの「崖っぷちホテル」で空気の読めない総料理長をしている「鳳来 ハル」こと浜辺美波は、なんと17歳だという。 このドラマを見てから、この子は結構いろんなCMに出ていることに気付いた。 17歳にしては大人っぽいが、魅力的な事に間違いない!

だが、実は個人的に彼女以上に注目しているのが、スーシェフ役の中村倫也だ。

「崖っぷちホテル」の江口とは

このドラマが始まった時は、総料理長が江口で、パティシエがハルだった。だが、宇海(岩田剛典)が副支配人となってから、料理の才能を認められたハルが総料理長になり、江口はスーシェフに降格してしまう。

料理人が降格されれば普通なら、怒ったり、怒鳴ったりひと騒動起こるだろう、と思うものだ。

江口も最初は、ムッとしたが、ハルの才能も認めているので、スーシェフを了承する…彼のいい性格が見えてくる。

脚本家が彼の性格をそう描いているのかもしれないが妙にマッチしているのは、彼の演技力なのだろうと思う。

SNSでは「えぐハル」「厨房組」と呼ばれている?

第8回の二人がディナーを考える場面でハルが「…『えぐハルコンビ』で作り出すしかないですね~」と言うと、「勝手にコンビ名つけんじゃねえよ」と答えた。するとハルが「今回は私たち『厨房組』がカギ握ってますからね」というのがあった。

この「えぐハル」も「厨房組」も実はSNSから生まれた言葉らしい。番組で使われたと「崖ホファン」の中では、ちょっと盛り上がっている。

最初の頃は、仕事よりも競艇に力が入っていて、軽い男にも見えたが、空気の読めないハルのどんな言葉にも冷静に答える江口の返しが何とも言えずいい!回が進むごとに、二人の会話に快感を覚えるようになったのは私だけではないようだ。

一部では、江口はハルを好きなんじゃないか、という話も出ているが…そうなのか?
ま、確かに、ハルを見る目は、ちょっと意味深ではあるが…

中村倫也とは

中村倫也(なかむらともや)を「ウィキペディア」で見ると…

クリスマスイブ生まれの31才。俳優。
映画、テレビ、舞台…と、とにかくいっぱい出ている。

2014年「ヒストリーボーイズ」舞台の初主演。
第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞…

となかなかの実力者らしい。

こんなにイケメンなのに、なぜ今まで気づかなかったのだろうか。
(と…カミさんがつぶやいた)

スポンサーリンク

下町ロケットに出ていた!

なんと下町ロケットにも出ていたようだ。

下町ロケット… 浅木捷平 役?

浅木捷平で探してみると…おぉ!こいつかぁ。
覚えてる。

部品供給テスト前、帝国重工のエンジニアとして佃製作所を2度目に訪れた時、佃製作所の技術力の高さを素直に認めた。

「これって本当に手作業なんですよね。…これ、すごいです!素晴らしい技術です。まさに佃品質ですよね。」と。

さらに社長の阿部寛が、不良品との交換品を持っていったとき、部長に取り次いだのも彼。

その後、部品の不具合を見つけるために佃製作所のフォローをしたのも浅木捷平…役の中村倫也だった。

このドラマの一発逆転に関わる重要なキーマンで、感動的な場面でもあり、よく覚えている。

まとめ

あの「下町ロケットの時」のイメージと「崖っぷちホテル」での中村倫也のイメージは全然違う。

下町ロケットでは他の役者が目立っていたせいもあるだろう。目新しいイケメン役者も多かった。竹内涼真、山崎育三郎などの方に目が行ってしまったのも確か。

役柄も彼らほどの台詞はなかった。でも、大事な場面で出ていたからこそ、ああ、そういえばと改めて注目されるのだ。

髪型のせいもあるのだろうが、やはりこっちの方が彼に合っていて、さらに演技が光るのだと思う。

シンプルでアクは強くない、でもかなり良い存在感がある…
このドラマは本当に彼に合っていると思う。

「崖っぷちホテル」の内容は、正直それほどおもしろいとは思っていない。
このドラマの人気は、岩田が出ていることがかなり大きいだろう。

が、個人的にはえぐハルがおもしろいから見てる。
慣れたらフロントの「くっきー」もなんとか見れるようになってきた(笑)。

中村倫也、今後もバリバリ出てくる予感がする…。

…って、もう、結構出てるらしい。
「半分、青い」にも出演中だとか…(え?そうなの?)

スポンサーリンク