佐川急便に今後、荷物を預けたくなくなる動画…これはマズいでしょ!

気になるキーワード

佐川急便の制服を着た男が、荷物を投げつける様子を撮った動画が波紋を呼んでいる。

風の強い日なのだろう。
男が荷物をもって坂道を登っていく。

坂の上まで行くと持っている荷物を乱暴に置く…
戻って、何かを投げつける。

佐川の制服をきた男が、荷物を乱暴に扱う姿が…

坂だから荷物?は転げ落ちてくる。
よく見たらキャリーのようだ。

それをまた投げつける。
それが、荷物に当たっているように見える。

散らばっている荷物を拾い、または足で蹴飛ばしているようにも見える。

風に飛ばされる荷物。
それを取りに行っては、戻ってまた投げつける。

約1分半の動画。
撮影者は、かなり遠く、高いところから撮っているようだ。

あまりにもひどい扱いに、最初、佐川の制服を着たヤラセ動画か?と思ったほどだ。

やっぱり、佐川急便の正社員だった

幾つかのニュースサイトをみると佐川急便に取材した結果、いずれも男は佐川急便の社員だったと認めている。

この行いの理由について本人は「イライラしていた」「身勝手な感情」なのだそうだ。
そしてかなり「反省している」らしい。

ユーザーになりうるコチラ側としては、気になるのは、荷物の破損。[ad]

これに関しては「外装以外異常はない」らしい。
「未配達、破損、損傷などのクレームもない」そうだ。

いやいや、外装に異常があっただけで、問題だろう?
それを、何食わぬ顔で渡したのか?

会社はクレームや問い合わせがなければ、それでいいのか?

動画を見るかぎり、かなり乱暴に扱っている。
あれで、損傷がない荷物とはなんだろう、と逆に聞きたい。

佐川急便の対応は…

佐川としては、現在荷物の特定をしているところで、判明し次第、客と連絡を取る、と言っているそうだ。

この動画は12月6日のもの。
このニュースは12月26日のものだから、いくらなんでも客の名前ぐらいはわかっているはずだろう。
いまだ荷物の特定も出来ていないのは、どう考えてもおかしいと思うのだが…

結局、会社としては「クレームや問い合わせがなければ、それでいい」のかもしれない。

佐川急便は、最近次々と信じられない「悪質なこと」が表に出てくる。
「駐禁の身代わり出頭」「伝票の数字の書き換え」そして今回の「品物乱暴扱い事件」…

ここまでくると、本当に、佐川急便は使いたくなくなる、というか業務停止にならないのが不思議な気がしてきた。