日本人受賞

考察1

今年のイグ・ノーベル賞は「股のぞき効果」! 日本人が10年連続受賞の快挙?

今年のイグ・ノーベル賞に2名の日本人が輝いた。 立命館大学教授・東山篤規氏と、大阪大学教授足立浩平氏で、 両氏は前かがみになって股の間から後方にものを見ると 実際より小さく見えるという「股のぞき効果」の研究で 「知覚賞」を受賞した。