アンナチュラル第8回「遥かなる我が家」我が家への距離はそれぞれ…

アンナチュラル、今回のタイトルは「遥かなる我が家」。いつものように遺体の死因とその背景を探る「死因究明」、UDIラボ創成に至る「神倉の事情」、「医者」に迷う 「久部の事情」…それぞれにある「遥かなる我が家」を描いたいつにない形のドラマだった。

 

全体が「微妙な流れ」で個人的にはイマイチだったが、久部の新たな展開、そして神倉のUDIラボに対する思いが、次回の伏線となった事だけはわかった。

スポンサーリンク


第8話 「遥かなる我が家」のあらすじ

…取り敢えず、今回はいつもの「死因究明」に焦点を当て、簡単にあらすじをまとめてみた。

「死因究明」

雑居ビル火災の被害者10体の焼死体がUDIラボに運び込まれる…以前UDIラボにいた坂本などがヘルプに入り、次々と、死因や身元を判明していくのだが…

火事は9番目の遺体を隠すための放火?

ミコトが診た「9番」の遺体の頭部に打撲痕が見つかる。殴られた可能性があり(ロープ痕も見つかり)ロープで縛られたのではないか、と推測するミコトたち。

さらに生存者(11番目の男)が見つかり、彼の服に9番の遺体の血痕がついていた。このことから、彼が犯人?という可能性が出てきたが、まだ意識不明だ。

UDIラボメンバー+坂本の必死の働きで、次々と遺体の身元が判明していく。だが9番の「縛れて、殴られて、焼死した男(?)」の身元は以前不明のまま…

この遺体の脇腹に「内視鏡手術」の痕が見つかるが、該当者は見つからない。

が、突然、ミコトは、自分の判断の間違いに気付く。中堂にも確認してもらい「内視鏡手術」の痕と思っていた跡は「銃創」と判明する。日本では判例が少ないので(中堂でも)間違える傷らしい。その結果、やっと該当者が見つかった。

9番目の遺体は暴行と傷害の前科一犯の男

9番の遺体は「町田三郎」…暴行と傷害で前科一犯の男だった。

両親が身元確認にやってきた。警察から「殺された可能性があり、火事はそれを隠すための放火」と聞かされていた。

父親は遺体に向って「このぼんくら息子、お前のせいで9人も死んでる、この罰当たりのろくでなしが」と怒る。

それを聞いて、久部は亡くなった町田と自分の存在を重ね、辛い気持ちになっていた。

スポンサーリンク

町田(9番)の亡くなった経緯が明らかになる

11番(生存者)の背中にロープの痕があった事がわかる。このあたりから、色んな事がわかってきた。

・火事の原因…雑居ビルの火事の原因は、プロジェクターからの発火。
・ロープの縛り方…9番と11番のロープの縛り方から消防士が使う動けない人を運ぶ救助方法(子豚搬送)だったことが判明。

この事から「町田(9番)が動けなくなった11番を助けた」ことがわかる。

それを知った久部は、捜査に力が入る。「ろくでもない息子生き返らせることはできないけど…罰で死んだって思われて死んだままじゃ、町田さん帰っても肩身が狭いです」と、神倉に火事現場の写真を手に入れるよう頼みこむ。さらに現場に行って、例のルミノール反応の精度のいい薬品を使って、町田が頭を打った現場を見つけ出す。

町田は人命救助の末、死亡していた

ミコトと久部は町田の両親に息子(町田三郎)が亡くなった経緯を説明した。

町田の後頭部骨折は、部屋を開けた瞬間、バックドラフトの勢いで飛ばされ後ろ、手すりの頭をぶつけたことによる事故だった。その後、彼は店の中の生存者(11番)を救出。その時、消防士がよくやるロープの縛り方をしていた、と説明すると、父親の顔に驚きの表情が…。

1人救出後、彼はさらに他の人たちも救出するため再びビルに戻った。なぜ戻ったのだろうと不思議がる母親に久部は「このビルが彼にとって大切な場所だったから」と答える。町田はその後、火が回り、下に戻れなくなったので皆(8人)を、最上階へ運んで救出を待ったのだのだろう、と説明した。

すると「…私は消防士でした。…ロープは私が教えた」と、涙をこらえながらいう父親。

久部は、この時の町田(三郎)は「罰当たりのろくでなし」ではなく、父親の教えを生かして人を助けた勇気のある素晴らしい男だった、と両親に伝えたのだった。

…これで「死因究明」は、解決した。

さらに「神倉の(UDIラボを作った)事情」「久部の事情」、「次回予測」についても別ページにまとめてみた。

アンナチュラル「遥かなる我が家」神倉(松重豊)UDIラボ設立の理由とは?
第8回の「アンナチュラル」はタイトル「遥かなる我が家」にかけて「原因究明」「神倉の事情」「久部の事情」の3本が同時進行のドラマだったと言っていいだろう。 ここではUDIラボ所長の「遥かなる我が家」に焦点を当てる。
アンナチュラル「遥かなる我が家」久部(窪田正孝)の迷いは父が原因だった!
第8回の「アンナチュラル」はタイトル「遥かなる我が家」にかけて「原因究明」「上倉の事情」「久部の事情」の3本が同時進行のドラマのようだった。
アンナチュラル…第9回予告「敵の姿」宍戸は犯人を知っている?
アンナチュラル第8回のラストは 第9回「敵の姿」につながる 多くのヒントが流れた。 それらをピックアップし、 第9回に備えようと思う。

スポンサーリンク