今時の有給休暇の取得理由にビックリ!これで許可されるの?

有給休暇を取る時「寝坊」や
「やる気がない」ことを理由にするのは
「社会人としてあり得ない」
「ズル休みと変わらない」
と記事を書いたマイナビウーマン。

この記事は、
ネットユーザーから批判を浴び
炎上状態だったらしい。

現在は削除されたという。

削除された記事とはいうが、
その幾つかの理由に驚いたのは事実。

ちょっと、取り上げてみた。

スポンサーリンク


社会人としてあり得ない?有給休暇取得理由

「寝坊」「二日酔いがひどい」「やる気がない」「彼氏と喧嘩(振られた)」「身体が痛い」「天気が悪い」

記事自体は削除されているため、詳しいことはわからない。
が、Yahooニュースに載っているものをピックアップしてみた。

有給休暇は、どういう時に取るのか、考えたことはあるだろうか?
私は、50代も後半になるこの歳まで、幾つかの職場を経験した。

が、実を言うと有給休暇をまともに消化したことは1度もない。
それだけに、上にあげた理由の一つ一つにびっくりしている。

仕事人としての自覚があれば…

そもそも寝坊は、めざましの数を増やすことで、なんとかできる。
翌日の仕事に影響しそうだなと思えば、二日酔いするまで飲まなければいいだけ、の話だ。

やる気がない、仕事に行きたくない、と思うのは日常茶飯事だ、今でも。

それでもやはり、自分が行かないことで誰かに迷惑がかかる、とか、仕事に影響が出る、と思えば、出社しないわけにはいかないと、踏ん張って会社に行く。

仕事とは、そういうものだと思っていた。

まさか、そのままストレートに
「今日は天気が良くないので…有給下さい」とは言ってないだろう、とは思うが…。

「昨日彼氏に振られたので仕事にならないと思うので、有給とります」とか?
逆に「そういう考えだから、振られるんだ」と嫌味を言われそうだが…

本当のところどうなんだろう?

スポンサーリンク

批判された理由とは?

批判の理由として「そもそも有給休暇を取るのに理由は必要ない」という、ことがあげられていた。
確かに「基本的に理由の如何を問わず、好きな時に労働者が取得できる」のが有給休暇だ。

ただし、そこだけを取って批判しているとしたら、早急すぎるような気がする。
上にあげた理由は、今日、または前日の申し出がほとんどだろう。

だとすれば、会社としての正常な業務に支障が生じる可能性が高いはずだ。
だから、社会人として「あり得ない」と言われるのだと思うのだが…。

前もっていつ休むか申し出れば、ある程度仕事の調整はできる。
その上で「理由の如何を問わず、好きな時に労働者が取得できる有給休暇」だと思うが、どうだろう。

なおマイナビウーマンは削除の理由として
「法的趣旨を誤解させる表現があり、内容が不適切と判断した」ためとし、お詫び文を載せていた。

マイナビウーマンのこの対応は、正しいのかもしれない。
が、多少悔しい思いもしているのではないだろうか?

記事は読んでいないが、私も上にあげた理由は、社会人として「あり得ない」と感じるから…。

今の時代、「いい」「悪い」と個人の意見をネットを通じて載せることができる。

反応が過敏になり、正しいと思うことが正しいかどうか分からなくなってくる。
それと同時に悪いと思うことが本当に悪いのかもわからなく、なってくる。

本当に、難しい時代になったものだ。



フォローする

スポンサーリンク