衝撃!80代以上の63%が「運転に自信あり」らしい! マジで?

とどまる所を知らない様相の
高齢ドライバーの事故。

その陰には、高齢ドライバーの
思わぬ自意識過剰が潜んでいた。

なんと、年齢を重ねれば重ねるほど、
自分のドライブテクニックに
自信を持っている高齢者が
増える、との調査結果が出たのだ。

スポンサードリンク


老いて尚強気の高齢ドライバー

岩手県立大学の元田良孝(交通工学)名誉教授らが平成20年に盛岡市在住の65歳以上のドライバーとその家族千人余りを対象に、安全意識に関するアンケートを実施した。

それによると、「安全運転に自信がある」と答えたのは全体の55.4%

しかし年代別で見ると、これがなんとも不思議な結果となる。

「自信有り!」と答えたドライバーは
・60歳台が53.0%
・70歳台が55.7%
・80歳台では…なんと63.2%にも上るのだ。

つまり、年齢を重ねれば重ねるほど、自らの運転技術に自信を持っているという高齢ドライバーが増えているのだ。

免許取りたての初心者ドライバーが、経験と共に運転技術が上達するのならまだ話はわかる。
しかし、加齢による認知機能を含めた身体能力の低下は科学的にも証明されているのにも拘らず、老いて尚自らの運転技術に自信ありと答える御仁が多いのは、一体如何なるものか。

そこに、高齢ドライバーの事故が減らない落とし穴があるのではないだろうか?

家族の心配と本人の意識のギャップ

アンケートでは、80歳台以上のドライバーがいる家族の内20%以上が「運転にとても不安を抱いている」と答えている。
本人は運転に自信があると思っていても、家族はそうは思っていないということが浮き彫りになった格好だ。

このギャップは一体何処から生まれてくるのだろうか?

そこには「自らの衰えを認めたくない」というプライドから強気な回答をする高齢者と、客観的に見るので衰えが判る家族という構図が浮かび上がってくる。


しかし、このプライドこそが落とし穴なのだ。

自分が思っている以上に老いの影響は大きく、
そしてそれは、自分自身ほど気付かないものだ。
それを気付かせてくれるのは、やはり家族だろう。

家族の指摘には、真摯に耳を傾けるべきである。

安全な車の開発が急務

高齢ドライバーの事故防止に一番確実なのは免許の返納だが、そうもいかない事情のある方は多いだろう。

そこでもう一つの方法として、「安全な車の開発」が急務となる。

自動ブレーキによる衝突被害軽減システムや、ブレーキとアクセルの踏み間違いを防止するシステムを供えた車は既に実用化されているが、それよりも数段上のシステム、つまり「完全自動運転車」の開発が今急ピッチで進められている。
車載カメラやレーダーを駆使して周囲の交通状況を把握し、GPSを利用して目的地まで安全に走行するシステムだ。

この「完全自動運転車」の販売開始目標は、当初平成37年の予定だったが、経済産業省は数年前倒しする方針を固めた。
さらに、平成32年の東京五輪・パラリンピックの開催を見据えて、完全自動運転の技術を導入したバスの運行は、五輪開催の数年前には実用化する見通しだ。

SFや映画の中だけだった未来が現実のものとなる世界は、もうすぐそこまで来ている!

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



衝撃!80代以上の63%が「運転に自信あり」らしい! マジで?