黒川逮捕から見る「SNSの出会い系サイト」と「未成年との交際」と「その罪」

先日「LE VELVETS」の黒川拓哉は「児童買春の疑い」で逮捕された(本人は否認)。

SNSの無料通信アプリを使って「援助交際を呼びかける」ような書き込みをしていて、女子生徒と知り合った…とされている。
さらに「岩見沢の市職員がスマートフォンアプリで知り合った高校生とみだらな行為をして逮捕」というニュースも見つけた。

SNSで知り合い…逮捕。
最近、この手の事件が多い。

スポンサーリンク


無料通信アプリのSNSとは

無料通信アプリとは、文字通り「ネットを使って無料通話ができるアプリ」のこと。
このアプリはさらにSNS機能を使って掲示板を利用できる。

代表的なのは「LINE」や「カカオトーク」だろう。

共通の趣味をもった友達を募集して、情報交換や意見交換をする事ができる

で、この掲示板に前出の黒川氏は「援助交際を呼びかける」ような書き込みをした、らしいのだ。

例えば「LINE 掲示板」で検索すると…
“友達募集”が一番上に出る。
それをクリックすると…
ブログには書けないような文言がいくつも出てくる。

その内容…は書けない (・_・;)
「おこ❍かい」「ド❍」…。

中には「結婚してても恋愛したくない?」って不倫のオススメ?
「友達募集」でこれ?すごいな。

名前(仮名?)年齢、住んでいる県。
これと、LINEのID と募集内容。
これだけで書いて連絡を待つ、ということらしい。

年齢は10代、20代、30代…と結構幅広い。
しかも次から次へと、投稿されている。
しかも今、朝の7時20分だ…
登校時間や出勤時に書いているんだろうか?。

この言葉だけで連絡を取るって、怖くないのだろうか?
逆にIDも晒すことで、いろんなことに利用される危険もある、怖くないのだろうか?

スポンサーリンク

これらに関係のある法律は…

例えば今回の黒川の場合容疑は「児童買春」だ。
書き込み内容は詳しくは分からないが「援助交際を呼びかける」内容だったらしいから、それに15歳の少女が引っ掛かった、ということだろう。

その後の流れは想像でしかないが…
払った金額が足りなかったのか、無理やりだったのか、何れにしても少女あるいはその親が警察に通報した、ということかもしれない。

児童買春(じどうかいしゅん)とは

児童買春(じどうかいしゅん)とは、性的好奇心を満たす目的で金銭を対償に供与して児童と性交渉を持つことである

児童買春をした者は5年以下の懲役若くは500万円以下の罰金に処せられ、又はその両方を併科される。 by ウィキペディア

出会い系サイト規制法

「出会い系サイトを利用する方に関する事項」
出会い系サイトの掲示板に児童を相手方とする異性交際を求める書き込みをすること(禁止誘引行為)は禁止されています(第6条)。

出会い系サイトの掲示板に児童を性交の相手方とする交際を求める書き込みをした人や児童を相手方とする金品を目的とした異性交際を求める書き込みをした人は、処罰の対象となります。

児童が出会い系サイトを利用することは認められていません。

by 警視庁サイバー犯罪対策HPより

※ちなみに書き込み自体が違法、100万円以下の罰金らしい。

※以上、児童は18歳未満を指す

これらの法律は、何れも児童を守る為の法律だ。

だが、個人的に言わせてもらえば、10代が自分で「おこ❍かい」とか「や❍たい」と書いている。これは、もう自己責任の世界だ。
未成年だからとか、大人が守る義務、とか言っている場合ではないんじゃないのだろうか?

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク