草鍋とは?スマステ最新キーワード春より!

3月11日放送のテレ朝の「スマステーション」
“最新キーワード検定2017春”で
4番めに紹介されたキーワードは
「草鍋」だった。

文字通り、青野菜がどっさり入った鍋のこと。
女性を中心に人気の鍋らしい。

草鍋を知っている人の(草鍋の)イメージは「緑の山」。
(野菜が沢山なので)「罪悪感なく食べられる」とも言っていた。

スポンサーリンク


草鍋が人気の理由

ポイント
・大量の野菜が食べられる
・お腹いっぱいになりたいけど太りたくない人向き
・ヘルシー志向の人たちの熱い指示を受けている
・大量の野菜食べ飽きないように各店では様々な工夫をしている

大阪「草鍋えんや」の草鍋

TVでは草鍋で人気の店が2軒紹介された。

1軒目は、大阪にある「草鍋えんや」

【草鍋 1800円】
店主が惚れ込んだ農家から届く葉物を中心に、鶏ガラや数種類の根菜からなる秘伝のスープで煮込む。
野菜は旬のものを出す。
TVで紹された時の野菜は10種類あった。

野菜を食べたあとに3種類(鳥、豚、牛)の肉と豆腐をすき焼き風にして食べる。
この鍋は、満足感はあるのに食後感はあっさりしているそうだ。
クチコミで評判が広まったらしい。

スポンサーリンク

2軒めは、東京「三代目文治」

【せり鍋3196円(2人前)】
この鍋は野菜が「せり」のみの1種類。
せり鍋は、宮城のご当地鍋だという。
「せり」を美味しく食べるための鍋で、せりの根っこも食べる。

具材はせりの味を引き立てる鶏肉のみとシンプル。
その野性味に客はハマるらしい。

ゲストの神木龍之介は「せり鍋」の方を試食した。
「だし美味しい、あいますね。あっさりして、夏でもいける」
と美味しそうだった。

これなら、自分で好きな野菜を数種類集め、鶏ガラなどでスープを作れば、出来ないこともなさそうだ。
身近にある野菜といえば、水菜、白菜、チンゲン菜、春菊、ネギ…実は大根のスライスなんかも意外といける。

さらに肉ですき焼き風か…やってみようかな?

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク