若年化する「(スマホ)認知症」と「(スマホ)老眼」…簡単な改善法とは?

若年化する「(スマホ)認知症」と「(スマホ)老眼」…簡単な改善法とは?

スマホが手放せない世代は、やはり20代30代が圧倒的に大いだろう。
そんな彼らの間で増えているのが「スマホ認知症」であり「スマホ老眼」だという。

改めて、この「スマホ病」について深堀りしてみた。

スポンサーリンク


スマホ認知症とは

とある脳神経外科医によれば…

最近「物忘れ」外来にくる患者の若年化が進んでいるらしい。
患者の
30%が40代~50代、
10%が20代~30代
だという。

脳が健康な状態を保つために必要なことは「情報を脳に入れる」こと、その「情報を深く考えること」だという。それでバランスがとれるようになっているらしい。

スマホ認知症の原因

日常スマホばかり見ている人の脳は「情報入手」だけが多い状態になっている。
情報でいつも満杯になっているので「脳が過労状態」になっているらしい。

すると「物忘れ」をしやすくなり「感情のコントロールが出来ない」ようになる。
その結果「認知症」「うつ状態」と同じ症状が引き起こされる、というのだ。

この状態が長く続けば「本当のうつ」になってしまう危険があり、さらに老後の認知症の危険も高まる、らしい。

スマホ認知症の改善方法

集中した後「ぼんやり」する…この時間が脳には必要らしい。

だから、食事中ぐらいはスマホを閉じて、作ってくれた人のありがたみを実感するとか、休みの日は、数時間スマホから離れて、庭の木を眺めたり、公園のベンチでぼーッとする時間を作るとか…心がけてみてはどうだろう。

スポンサーリンク

スマホ老眼とは

老眼とは「近くのものが見えにくかったり字がぼやけて見えたりする」症状だ。
普通は、加齢による目の筋肉の衰えによりだいたい、40代後半、50代ぐらいから始まる症状なのだが…。

最近は「目がかすむ」「焦点が合わない」など…この老眼の症状を感じる20代、30代の若者が増えているという。

その原因の一つと言われているのが「スマホ」だ。

スマホ老眼の原因

とある眼科の先生によれば、若者が老眼になる原因は…

スマホを連続的に長時間使いすぎると目の調節力も使い過ぎることになり、ピント合わせる筋肉がこる。するとピント合わせの調節が出来なくなる。

そのため老眼と似たような症状になるらしい。

スマートフォン事情

休日、スマホでネットを使う時間の平均は、

全世代の平均は、約100分だが
年代別の
20代…148.9分
10代…193.5分
だったそうだ。(昨年のデータ)

老眼の症状を訴える若者は
2010年は0.3%だったのが
2014年には5.1%に増加したらしい。

数年後には、小学生が老眼鏡をかける時代が来るのかもしれない。
それはそれで、ちょっとかわいそうだな。

スマホ老眼にならないために

・連続使用を避ける
・時々休憩を入れる
・少し離しがちにする(雑誌、読書時の距離)

「目の筋肉が凝っている」のだから、目の軽いマッサージもよさそうだ。
若者なら、サプリを飲むのもいいかもしれない。

CMでお馴染み⇒【ファンケル】スマホ労眼対策サプリメント
 byファンケル

まとめ

「スマホ認知症」にしても「スマホ老眼」にしても、連続的に長時間スマホを見続けることはいけない、の一言に尽きる。

わかっていてもゲームは、なかなかやめる事はできない、というかもしれないが、一呼吸入れた後の方が、上手くいくこともある。

櫻井翔のCMでお馴染み…

【あす楽】めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダーセージ 14枚入 by楽天

今流行の「蒸気のアイマスク」でぼーっとする時間をとるって見の筋肉のコリをほぐす、なら一石二鳥で、認知症、老眼対策ができる。

老眼も認知症も、なってからでは遅い。
老眼になったら、かなり不便だぞ~。

4.3~

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする