都議会自民党の「塩対応」と責任転嫁「党本部マター」の意味

選挙も終わり、小池百合子新東京都知事が誕生した。

ようやく落ち着いてきたように見える都政だが、やはり出てきたのが自民党大敗に伴う責任の擦り付け合い。
そして、大人気ない発言の数々。

正直いいトシをした大人の、それも国政を司っている人達ってこんな程度かと思う発言や態度が多かった。

スポンサードリンク


小池が良いのではなく、鳥越・増田が自滅した?

※あくまでも私見です。

あくまで私見だが、ある意味どんぐりの背比べのような3候補だったと思う。

特別な政策を持っている訳でもなく、他候補の批判ばかりしていた印象のある3人。
敵の弱点を突くというのも大事な戦術では、あろう。

が、やはり政治家である以上、まずは政策論争で戦って欲しかったと思う。

鳥越俊太郎氏…所詮ジャーナリスト

当初、野党の統一候補であり、知名度の高い鳥越俊太郎氏が有利かという下馬評だった。
しかし、某週刊誌の暴いた女性問題のスキャンダルや、所詮ジャーナリストなのかと思われてもしょうがない政策の甘さも相まって、評判は徐々に下がってきた。

増田寛也氏…「おふれ」が致命傷「厚化粧」がトドメ

一方、自民党の公認を受けた増田寛也。
「誰、この人?」と思われるほどの知名度の低さ。

更に致命的だったのが、自民党都連が出した「党紀の保持について」のおふれと、石原慎太郎の「大年増の厚化粧女発言。援護射撃ではなく援誤射撃になってしまった。

これで一気に自民党への批判が高まり、公認候補へしわ寄せが行った形だ。
結果、大きなスキャンダルもなく、うまく立ちまわった小池氏が当選したという感じだった。

いずれにしても、私は小池氏で正解だった、と思った。

その理由は…
落選した両者の引き際に見えた器の小ささが見えたような気がしたからだ。

池上氏のTV番組で、両者は結局、池上氏と対話をしようとしなかった。

落選したのだから、言うことはない、ということだろうが、少なくとも彼らを応援してくれたのは、事務所の人だけでないだろう。
TVやメディアは、そういう人達へ感謝できる、唯一のチャンスではなかったか?

事務所内で身内に「すみません」というのは簡単だ。
彼らにとっては、都知事選はそれで済まされることだったのか?

ま、池上氏にやり込められるのはわかりきっている。
それに答える自信や力がないのだろう、と思われても仕方がない。

でも、東京都知事としてやってくつもりだったのなら、堂々とそれなりの弁があってこその、都知事候補だろう。「応援ありがとうございました」ぐらいは言えただろうに…

増田氏は結局、自民党の責任者が対応した。
これでは、増田氏は(自民党の)子供の使いで、親(自民党)が尻拭いした感じだ。

鳥越氏、然りだ。
彼の場合は、バックアップしたはずの親(民進党他)すら出てこない

こんな二人に都政を任せられるはずがない

小池氏なら、たとえ敗戦しても、TVで池上氏の質問には答えただろう、と私は思うのだが…違うだろうか。




初登庁、都議会と自民党の塩対応に驚き呆れる…

小池新知事の初登都庁の際、慣例であった都議会議長各会派の代表者が参列する登庁セレモニー。
都議会議員達は軒並み欠席。
出席したのは数人の都議会議員と副知事ら行政側人間のみ。

なにこれ?
小学生のイジメじゃあるまいし!
開いた口が塞がらない!!
都議会ってのはガキの集まりか!?

彼らが「失礼」の塊に見える。

更に小池知事の各会派への挨拶回りの際、都議会自民党は幹事長と政調会長は不在(他の会派はNo1である幹事長が応対)。
対応したのはNo3の総務会長。
そして「たまたまいたから、対応しただけ」…

こうでも言わなければ、自分の立場が怪しくなるんだろうな、きっと
苦し紛れで出た言葉かもしれないけど…レベル低すぎ。

また、都議会議長(自民党)への挨拶の際、2人での記念撮影をお願いした記者に向かって「何故アンタ達の要求に答えなければいけないのだ」と拒否。

これらは全てニュースで報道されていました。
ホント、自民党って最低ですよね、ガキ以下!
見ていて気分が悪くなりました。

とどめも自民党

コメントで笑かしてくれたのが石原伸晃。
知事選から2日後の2日の記者会見で増田氏の敗北問題について語った。

なんと「知事選は党本部マター。お金も都連ではなく党本部が集めた。責任者は谷垣幹事長だ」とのたまわった。

ちなみに…党本部マター(matter)とは…

「党本部が担当すべき仕事という意味。
なので、石原氏は、「知事選は自民党本部が担当している(すべき)。」と言っているのだ。

責任転嫁以外の何物でもない。
もう、笑うしかなかった。
この人は、もし増田が当選していればきっと、「私一人の手柄です」とでも言うんじゃないだろうか?

そして、自民党の二階幹事長は記者に向かって「撃ち方やめだ」と一言。

ヤッパリ撃っていたんだ!

対して小池知事はテレビに映っているのを意識しているのかどうか、どの場面でも終始大人の対応をしていたように思う。
はたしてこれが、自民党の報復を恐れて、ビビっているのでなければよいが?

※あくまでも私見です。

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



都議会自民党の「塩対応」と責任転嫁「党本部マター」の意味