ホワイトデー、実は男の本音はこうだ!という話。

社会
Sponsored Links
Sponsored Links

ホワイトデーのお返しについて
のとある調査から
義理チョコは迷惑
お返しは重荷
義理ならいらない」…

という男の本音が、実はあるらしいと
いうことがわかった。

Sponsored Links

 「義理でも貰えれば嬉しい」人は63%

最近は、彼女もいない、結婚したくてもできない男性も多いから、これは、まぁある程度、妥当な数字かもしれない…

その一方で、義理チョコは「お返しが負担」と思っている男性は25%もいたそうだ。実を言うと、自分もそう思っていた一人だ。

幸い?今の会社には女子がいないので、当然義理チョコは貰わなかったから、全然気楽なものだが…。

「何を、返したらいいのかわからない」人は46%

バレンタインデーの一ヶ月後にはホワイトデーがやってくる。
貰った側にしてみれば、たとえ義理チョコでも返さない訳にはいかないだろう…

だが本音は「何を、返したらいいのかわからない」のだ。
約46%の人もそう思っている。
さらに「ホワイトデーの習慣に納得いかない」と答えた人が約8.3%いたそうだ。

恋人や、好きな人からの送りものには、愛を感じるから、そのお返しなら喜んで考える…。
が、義理チョコはあくまでも義理なのだ。
もらうものの値段もそう高くない物が多い。

Sponsored Links

ホワイトデー…痛いエピソード

ひと目で安いとわかる義理チョコをくれた女が「ホワイトデーは〇〇のバックにしてね」とブランド名を言った、なんていうひどい話も聞いたことがある。

母親からのチョコにはホワイトデー用の高級菓子のパンフがついてしかも丸印が付いていたという、笑い話のような話もある。

〇経験上、団体でくれる義理チョコも、結構キツい…

あげる側と返す側

チョコをあげる側は、一人分の経費も節約でき、とりあえずまともな物が贈れるから会社では、こういう手がよく使われる…

だが、返す方は、お返しの内容によって、今後の女子の対応が違ってくるかもしれないと思うと、適当に済ます事もできないのだ。

連名なのに『お返しは別々にしてね』という女子たち。
6人の連名バウムクーヘン一つ…おいおい。

逆に、誰がみても義理チョコなのに、何を勘違いしたのか高級な指輪を返す奴もいる…
これは、義理チョコを渡した側が、相手に全然気がなければ、重すぎて困る。

バレンタインの認識のずれが、こんな悲劇を生む。

「友チョコ」「自分チョコ」なんていう形も出てきて、バレンタインデーって、何なんだ?
もう何がなんだかわからない…

だからホワイトデーも頭がいたいのだ。

お菓子屋の戦略に踊らされていた過去に比べたら、少し冷静になってきて、やっと本音が言える時代になったのかもしれない…。