新型カンジタ症で、死亡することも?アメリカで明らかに!

健康
Sponsored Links
Sponsored Links

カンジダ症になると、「あそこ」が痒くなる、らしい。
大体は、病院で軟膏をもらい治る病気、と聞いていた。

ところが、進化した「新型カンジタ症」は、染者の60%の致死率と言われ、先ごろ話題になった。

そして今月4日、米疾病対策センター(CDC)は、アメリカで新型カンジダ症の患者が13人いて、そのうちの4人が既に死亡していると明らかにした。

直接の正確な死因は、まだ分かっていないそうだが…

Sponsored Links

「新型カンジダ症」とは

「性病」と一言で言ってもいろいろあるらしい。
その中で結構、誰でも簡単にかかる、と言われているのが「カンジダ症」だ。

抗生物質入りの軟膏などで治るので、意外と軽く見られがちなのだが、今回は抗生物質が効かない新型の「カンジダ症」について取り上げてみた。

カンジダ症と新型カンジダ症の違い

本来、カンジダ症はカンジダという真菌(菌糸がある菌)が引き起こす病気だ。
水虫(白癬菌)も真菌だ。

よく聞くし、それほど重病な病気という認識はない。カンジタ症の多くは、簡単にいうと「身体の大事な所が痒くなる」特徴がある。

もともと体内にある菌とも言われていて
・体調が悪い時
・大事なところが清潔でない時
…などに症状が出る、と言われている。

「伝染る」とも言われているので、恋人がいる人は、お互いに要注意だ。
恋人と・・・の後、痒くなったりすることもあるらしい。

この病気は、特に女性に良くないらしく、悪化すると痛みが出てくるそうだ。

だが、命までは取らない。
病院で処方される軟膏(抗生物質入り)などで、症状がほぼ治る病気だ。

Sponsored Links

「新型カンジダ症」はちょっと違う

新型カンジダの原因菌は「Candida auris(カンジダ・オーリス)」と呼ばれている。

・今までの抗生物質が効かない(耐性がある)
死亡率が高い(アメリカは国で13人いて、そのうちの4人が死亡)
らしい。

しかも、病院や医療現場で広がっていると言うから、怖い話だ。

自分では、新型かどうかの判断なんて、出来る訳もなくこういう時はやはり病院に行くべきだろう。

誰にも知られず調べる方法

痒い、けど病院は、恥ずかしい…という人には、今なら検査キットを自宅に送ってもらい、誰にも知られず調べる方法がある。

◯手軽に健康チェック!郵送検査の【ふじメディカ
>>自宅で出来る性病検査

◯郵送でできる検査【GME医学検査研究所】
>>郵送でできる検査

気になっているなら、行動あるのみ、だ。

まとめ

気になる人は、病院へ行ったほうがいいだろう。
ちなみに受診する科は、男性が、泌尿器科か性病科、女性なら、婦人科(産婦人科)、性病科だ。