「独身税」とは言ってない?ママ課のHP炎上するも…ただの勘違いだった?

独身税ー

日本の税金も、とうとうここまできたか…。

これは石川県かほく市の「ママ課」というところから提案されたことだという。
このことが新聞の記事によって報道されると、ネット上で批判が相次ぎ、かほく市のママ課のHPは炎上。

現在は削除されている状況のようだ。

ところが、関係者はそもそも「独身税」とは言ってない、という…。

スポンサーリンク


北国新聞の朝刊記事に「独身税」の文字が…

ことの発端は8月30日の北国新聞の朝刊記事だった。

“ママ課「独身税」提案”という見出しで、「ママ課メンバーは『独身税』の創設や医療費削減に関する思いを伝えた」と、書いていたこと。

8月29日、河北市役所で財務省関係者との意見交換会があった。
ここで、ママ課のメンバーから「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」と質問があった。これに対して財務課は「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と答えた。

その他「健康な高齢者が多い自治体では税負担を下げる仕組みの導入」「たばこ税の増税」なども提案した。

というようなことが、書かれていたようだ。

独身税を提案した?ママ課HPが炎上

新聞にもネットにも「独身税」の具体的な内容は、書かれていない。にも関わらず「ますます結婚できなくなる」「違法ではないか」「その税金何に使うの?」という批判がネット上で相次いだという。現在ママ課のHPは閉じられていて検索しても出てこない。

かほく市ママ課とは

2006年に創設。
子供を持つ有志の女性が集まり
・「ママに優しいマチづくり」を推進
・かほく市の子育てのしやすさをPRする同市の政策に直接の影響力を持っていない

当日は30~40代の女性7人が参加した。

スポンサーリンク

「独身税」の提案等は一切していない

ところが、河北市役所は

「8月30日(水)の北國新聞朝刊に、ママ課が「独身税」導入を財務省へ提案したとの記事が掲載されましたが、「独身税」の提案等を「ママ課」及び「かほく市」は一切行っておりません。」

と発表したらしい。

「参加者から『独身税』の要望があったわけではない」

ネットのキャリネコニュースさん(独自で同市の担当者に取材)によれば「参加者から『独身税』の要望があったわけではない」そうだ。

担当者によれば…

参加者から
・高齢者は経費の負担が大きい。
・子どもを持つ世代も、子育てにお金が掛かったり、家を建てるのにお金が掛かったりする。
など、負担の大きさが世代や家族構成によって違うという趣旨の発言があった。

そして
『独身でいるよりも家族でいる方が負担が大きくなるのは何とかなりませんか』という質問があった。
その質問に対して
『家族がいる場合は、配偶者控除や扶養控除があり、税の負担が軽くなっています。また児童手当などの給付もあります。むしろ独身ですとこのような控除がなく、税負担が重くなります』という現状を話した…

というのが関係者の言い分らしい。※キャリネコニュース https://news.careerconnection.jp 抜粋・参照

要は
「世代や家族構成によって、必要な経費が違う」という話が出ただけ。
「独身税」導入を財務省へ提案したわけではない、ということらしい。

ママ課は「独身より家族がいるほうが、負担が大きい」と思ってた。
だが、担当者側は「独身は控除がなくて税負担は大きいよ」と教えてあげた、みたいな…。

ま、これでママ課が納得したのかどうかは、わからないが…。

一方、新聞の方には、
ママ課が「…独身者に独身者に負担をお願いできないか」と言われた。
財務省が「…確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と答えたとされている。

表現の違い、というか早とちりというか…忖度?というか…

新聞記者的には、この会議のママ課の質問の根本には「独身税」を作って欲しい、という思いが感じられて、書いてしまったのか…それはわからない。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク