「おひとりさま」から「ソロ充に」? 「おひとりさま」商戦が加熱!

今、食品業界は
「おひとりさま」商戦が
加熱している。

その背景には結婚年齢の晩婚化や、
高齢者の単身世帯が増えている
などの社会事情があるという。

そしてリア充ならぬ「ソロ充」も。

スポンサーリンク


ひとり鍋

鍋と言えば真っ先に「大勢で一つの鍋をつつきあいながら・・・」というイメージが浮かぶが、
それは逆を言えば「一人ではちょっと・・・」という敷居の高さでもある。

従来、鍋の調味料と言えば、3~4人前のストレートつゆがレトルトパウチされた商品が主流だった。
これだと、一人鍋をするとどうしてもつゆが余ってしまう。

そして一旦開封してしまうと「冷蔵保存し、3日以内にお使い下さい」の注意書き。

「そんなに毎日鍋ばっかり食べていられない」という御仁も多いはず。

そこで最近は、一人でも気軽に鍋が楽しめる濃縮調味料が人気だ。

エバラ食品工業からは「プチッと鍋」、
味の素からは「鍋キューブ」、
ミツカンからは「こなべっち」
ヤマサからは「お鍋にポンパ」と、

各メーカーこぞって、おひとりさま商品の販売に力を入れている。
これだと例えば「今日は夫が寄せ鍋、妻はキムチ鍋が食べたい」といったリクエストにも対応できる。

いずれも売れ行きは好調で、計画を上回っているという。

鍋調味料以外での「おひとりさま」

鍋の調味料以外でも、従来は少なかった「おひとりさま」向け商品が目立つ。

永谷園の麻婆春雨やキューピーのサラダ、各社のパスタソースなど。

また、通販大手のアマゾンでは、「おひとりさま」向けおせちのラインアップを拡大した。
ピザ宅配チェーンのピザハットでは、イートインスペースを設けた店舗もオープンした。
いずれも「おひとりさま」をターゲットにしたものだ。

スポンサーリンク

意外な「おひとりさま」

今は食品業界のみならず、多種多様の業種でおひとりさまでも楽しめる商品やサービスが充実している。
・一人用カラオケルーム
・シティーホテルの女性おひとり様用パック
・ひとりディズニー
・ひとりバーベキュー
・ソロウエディング

注目はソロウエディング。
「ウエディングって結婚式でしょ、おひとりさまって・・・?」

ソロウエディングとは、文字通り女性一人だけの結婚式。

ドレス選びからブーケ作製、ヘアメークとメークを施し写真撮影を行うというもの。

これまでの自分の人生を「お疲れ様」とねぎらい、自分を褒めてあげ、自分を肯定し、
これからの人生のエネルギーとしたいという女性に人気だとか。

「結婚に興味は無いが。ウエディングドレスに憧れがある」という女性が多いとのこと。

ソロ充?

「おひとりさま」はもう古い。
今はリア充ならぬ「ソロ充」なのだとか。

「おひとりさま」生活をエンジョイしている方のみならず、
パートナーがいる方でも「ひとりの時間を楽しみたい」「自分の好きな事をやりたい」
という方は大勢いる。

そんな方向けの商品やサービスが、今後益々充実してゆくことだろう。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク