めがねおーの万引きのタイムリミットも気になるが…サムライ翔って?


御徒町のメガネ販売店
「めがねおー」の
ホームページにあげられた
万引き犯へ警告。

犯人とされる人物画像の
モザイクを外すタイムリミットが
設けられ話題となっている。

そして、盗まれたとされるサムライ翔…とは?

スポンサーリンク


経緯

2月4日
御徒町のメガネ販売店「めがねおー」で「サムライ翔」というメガネ7本が盗まれた。
被害額は約21万円。

当然警察にも被害届は出しているのだが…
「めがねおー」の店長は自身の店のHPに、その時の犯人写真を掲載したのだ。

WANTEDのページを見ると、顔にモザイクがかかっている数枚の男性の写真。
その時の服装の特徴、会話した内容など、かなり詳しく書いてある。

店長は、そのページで、犯人に対し「返却または弁償を要求している」のだが…。

タイムリミットを設定

HPでは、犯人に3月1日までに返却するか弁償を要求。
もし、返却も弁償もなくその日が過ぎたら、その時(万引き)の画像や映像を顔モザイク無しで拡散するというのだ。

しかも2月15日からは、ネット上で懸賞金付きでネット利用者に拡散するという。
金額は書かれていないが…かなり怒っているし本気だ!ということがよく分かる。

最初は「顔モザイクがあるうち!!」「返却も弁償も今ならできます」と書いていながらも、後半は、写真数枚の間に「あなたです」「徹底的に追いかけます」と言葉を入れている。

このモザイクが外れたら…犯人は相当焦るだろうな。

スポンサーリンク

これはやりすぎか?当然のこと?もっとやれ!なのか?

ただ、店側もある程度の覚悟がなければここまで出来ないだろう。
これは一歩間違えば、名誉毀損や脅迫罪という噂もあるからだ。

しかも(店側はかなり自信があるようだが)万が一盗っていなかったら…

一方で、万引の被害は、店側にとっては深刻な問題だとよく聞く。
だから、ここまでしないと、万引は減らない、ということもなんとなくわかる。

何れにしろ、万引きは犯罪だ。

犯人が一日でも早く名乗り出て、商品を返すか、お金を払ってしまえばいい話なのだが…。

以前「まんだらけ」という店も、同じように犯人写真の公開するという話があったが結局警察に止められてしまった例もある。

今回は、どうなるのだろう?

サムライ翔とは…

現代のサムライ、哀川翔がプロデュースしたメガネフレームのブランド名。
(知らなかった…)

日本最高峰の技術力から生まれた(国産チタン?)のメガネフレーム。
力強さとシャープなイメージがあるデザイン、らしい。
値段は、3万円台。

サングラスなら、1万円台のもある。

SAMURAI SHO SP-009 c1 サムライ翔 サングラス 勇 STYLE 14 by 楽天

確かに、哀川翔のかけてるメガネはいつ見てもカッコイイ。
これをかけたら哀川翔に、少しは似るかな?(ムリムリ)

欲しくなるのはわかる…がやはり、万引きはいただけないな。

でも、7本も…いるか?普通。
友達に売るのか?
盗ったのはたぶんフレームだけだろう?
レンズは?自分でハメるのかな?

自分がメガネ屋さん、ってことはないか…

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク