声をあげた育成会連合会!全力でみなさんのことを 守ります!

“もし誰かが
「障害者はいなくなればいい」
なんて言っても

私たち家族は
全力でみなさんのことを
守ります”

なんと力強い言葉だろう…

スポンサーリンク


「障害のある人たちへ」の声明文に感動!

これは「全国手をつなぐ育成会連合会」が出した「障害のある人たちへの声明文」の中にある一文だ。

PDFも用意され、最初に

平成28年7月26日、神奈川県にある「津久井やまゆり園」で起きた事件につきまして、当会として障害のあるみなさんへメッセージを送ります。

とある。

文面は、分かりやすく、漢字にはフリガナをふっている…
この優しさや気配りにもある意味、感動する。

事件の内容、お悔やみ、があり「犯人は許せない、悲しく、悔しい」とある。
不安な時は誰かに話して…と言うアドバイスも入れている。

そして、あの一文がある。

障害のある人もない人も、私たちは 一人ひとりが 大切な存在です。
障害があるからといって 誰かに傷つけられたりすることは、あってはなりません。

もし誰かが「障害者はいなくなればいい」なんて言っても、私たち家族は 全力でみなさんのことを 守ります。
ですから、安心して、堂々と 生きてください。

なんて、心強いことばだろう…

「津久井やまゆり園」で起きた事件について、わかってきたこと

昨日、未明に起きた「相模原市の障害者施設」で19人の障害者が殺された事件。
これは、戦後最悪の殺人事件と言われているそうだ。

凶器は5本持って行ったそうだ。

一部報道によれば、複数の障害がある重複障害者ばかり襲ったらしい。
障害がない入所者は襲われなかったそうだ。

それが本当だとしたらなんと、卑怯な男だろう。

時間も時間だから、寝ていた人も多かったろう。
そこを襲う、逃げる事もできない相手ばかりを襲う。

…想像するだけで寒気がする。

身柄を検察庁に送られる時の顔をあるワイドショーのカメラが捉えていた。
薄ら笑いを浮かべているように見えた…

スポンサーリンク

声を上げた「育成会連合会」

今回の事件を受けて、知的障害者団体「全国手をつなぐ育成会連合会」が声明を発表した。

HPに行くと「神奈川県立津久井やまゆり園での事件について(声明文)」もPDFを見ることが出来る。

その文章は「障害のあるみなさんへメッセージ」と同じように事件の大筋と亡くなった方々、家族へのお悔やみで始まる…

そして

抵抗できない障害のある人に
次々と襲いかかり死傷させる
残忍な行為に

私たちは驚愕し、
被害にあわれた方々や
そのご家族の無念を思い、

悲しみと悔しさに
ただただ心を
震わせるばかりです。

職員体制の
薄い時間帯を突き、
抵抗できない
知的障害のある人を

狙った計画的かつ
凶悪残忍な犯行であり、
到底許すことは
できません。

さらに…

施設に関わる人達(入所者、家族など)のケアや配慮のお願いを書き…

容疑者が「障害のある人の命や尊厳を否定するような供述」していることに対し…
「障害者は命を大切に懸命に生きている、それを無残にも奪う罪の重さや重大さ認識しなければならない」
と言っている。

更に国民に対しても「障害のある人一人ひとりの命の重さに思いを馳せてほしい」と訴えている。

育成会連合会とは

・知的障害者の「権利擁護」と「政策提言」を行う。
・全国の55の団体が正会員となっている。
・正会員の各団体がそれぞれ役割を担う有機的なつながりをもつ、連合体として活動していく。
※全国の育成会に所属する会員は約20万人

全国全国手をつなぐ育成会連合会とは

・全国の会員(育成会連合会)の声を聞き、それを中央に届ける
・役割と障害のある人の人権を回復、地域で安心して暮らせる制度、システム作りを政府に政策提言する役割を担ってる

※どちらもHPより抜粋



フォローする

スポンサーリンク