16歳をかくまい中の自衛官が誘拐容疑で逮捕!きっかけはツイキャス

動画サイト「ツイキャス」で
「家出したい」という少女を
自宅に連れ込んだ航空自衛隊員が逮捕された。

逮捕容疑は未成年誘拐。

自分でSNSに「16歳をかくまい中」
と書き込んで管理者から通報されたらしい。



逮捕されたのは埼玉県の入間基地の航空自衛隊員、山内利久38歳。
動画サイトで「家出したい」と話した女子高生を自宅から連れ出し、ほぼ1ヶ月自宅官舎にかくまった。

家出したい少女をかくまったことが誘拐になる?

ことの発端は動画サイト「ツイキャス」
「家出をしたい」と配信している女子高生を見つけたことだ。

少女の家出の理由は「父が厳しいから」。

本人曰く「困った人を助けるつもり」で「こっちにくれば自分の好きなことができるよ」とメッセージを送信したらしい。

ニュース記事には「自宅から車で連れ去り」と書いてあった。
だが、少女も同意しているとすれば「迎えに行った」というのが正しいかもしれない。

自分で「かくまい中」と公表してしまう心理はちょっとわかる

誘拐と聞くと、縄で縛り、自由を奪うイメージだが、実際は官舎の鍵を渡し自由に出入りさせていたそうだ。

それにしてもSNSで「16歳をかくまい中」と自分で公表してしまったというのもちょっと笑える。
もちろん結果オーライだが。

きっと自慢したかったのだろうな…。

手は出していない、と言っているらしい。
(これが本当なら)少女にとっては、いい人だったのかもしれない。

が、やはり相手は未成年、これは犯罪だ。

でも、時々思う。
事件は被害者と犯罪者がいて成り立つものだ。
女子高生は被害者といえるのか?とふと思う。

家出したいと、言っているのだ。
しかも動画で…危険極まりない。

16歳とは言え、物事の分別はついているはず。
もし、連絡してきた人がもっと悪い人だったらどうなっていたか分からないではないか?

今回のことは、悪いのは容疑者だけではないような気がする…。




TwitCasting 通称ツイキャスとは

容疑者が家出少女を見つけたのは動画配信サイト「ツイキャス(TwitCasting)」だったらしい。
これは「ツイキャスアプリ」を使ってスマホやパソコン(iPhone、Android)で誰でも無料でLIVE配信出来るサービスだ。

実際このサイトに行くと、若い子が一人で喋っているだけだったり、飲み会を中継したり、カラオケ中だったり…とまぁいろいろかなり自由に「自撮り」しているものが多い。

ユーチューブほど凝っているわけでもなく、ニコ生ほど縛り(プレミアム会員のみ)もなく、無料でとにかく簡単に配信できるので特に若い人女子に人気があるようだ。
ウィキペディアによれば2015年9月16日 の時点で利用者が 1000万人になっている。

ただおじさんが見る限り、今回のこともあるが、かなり危ないサイトに見える。

文字を送る「ライン」だけでも色々事件になるのに、これはさらに画像が出ているのだ。
顔を出しているし、連絡も取れる様になっている。
LIVE映像でもあるわけで、何が出てくるかもわからない。

このサイトを見ると、今のネット社会の「危ない部分」を見た気分になるのは私だけだろうか。