BAR レモン・ハートSEASON2開店!第1回「昭和50年の思い出」レビュー

BARレモンハート 
Sponsored Links
Sponsored Links

SEASON2開店前SPでマスター(中村梅雀)が「原作をどう展開し、どう変えていってるか?原作を熟読している方にとっては面白いかなと思う」と言っていた。

1話を見てその意味がよく分かった。

SEASON1では、原作に忠実な、もし変えてもセリフが若干変わっていたり、男性の役が女性に変わっていた
程度の物語が多かったが、さて…SEASON2は?

Sponsored Links

第1話「昭和50年の思い出」のレビュー

SEASON2は、取り敢えず第1話を見ただけの感想を書こうと思う。

原作のプロットは活かしつつ、でも全くと言っていいほど違うテイストの作品に仕上がっていた。
製作者の挑戦、存分に楽しませてもらった。

丁度、原作という骨組みに脚本という肉付けをしてそれが素晴らしい美人に仕上がったという感じだ。

そして、西郷輝彦と松田賢二の演技も秀逸で、この作品の良さに一役買っていた。

バーのカウンターのみという限られた場面設定で、わだかまりのあった親子が和解してゆく様を見事に演じていた。

見ていて、思わず引き込まれてしまい、さすが実の(義理の?)親子だと思った。

ただ1つ?と思ったのは、息子の「海(かい)」に電話が入り店を出てゆく時にグラスに残ったウィスキーを飲み干した。

ビールじゃあるまいし、ストレートをあんなに喉を鳴らして飲むものかな?それに結構入っていたし。

貴重なウィスキー、もっと味わって飲まないと、もっ、勿体無い!

…なお、2本目のストーリーはSEASON1で放送されたもの「女医さんとデート」だった。

Sponsored Links

今日の酒役

「リトルミル1975」

「楽天」…⇒リトルミル(ローランドモルト)

スコットランド最古の蒸溜所(1772年創業)リトルミルのオフィシャルボトルだ。

さて、来週が楽しみになってきた!

今日のストーリーの原作

【BAR・レモンハート 第29巻 PART.373「昭和50年の思い出」

今のところ単行本は第30巻まで出ている。
今回は、比較的、新しい方のストーリーを出してきたようだ。

 

メガネさんのカクテル名鑑(新コーナー)

SEASON1では「今すぐ行きたいBAR情報」というコーナーがあった。

SEASON2では「メガネさんのカクテル名鑑」という新コーナーが出来たようだ。
なんと、メガネさんが、カクテルのレシピやウンチクを教えてくれるらしい。

「キューバリバー」レシピ

今回は、「第8巻PART95 化粧室の中の鏡さん」より、「キューバリバー」が紹介されていた。

kakami

・バカルディホワイト(1オンス)
・フレッシュライム
・コカコーラ
 ↓
キューバリバー(リバティー=開放・自由)

レモンハートにはウィスキーだけでなく沢山のカクテルも登場する。
どんなカクテルが出てくるか…これもまた楽しみの一つになった。