世界で最も生活費が高い都市はカラカス…ってどんな国?

世界で最も生活費が高い都市トップ18という記事を見つけた。

日本は入っているだろうか?
一番生活費が高いのはどこだろう?

そんなことを考えながら見てみたら…1位はなんとベネズエラのカラカスだった…

スポンサーリンク


調べたのはロンドンのコンサルタント会社、ECAインターナショナル。
生活費の調査などをしている会社のようだ。

ランキングの方法は(世界中の475カ所の)駐在員などが世界各地で共通して購入する日常的に使う物品、サービスの値段の比較。(食料品・日用品・嗜好品・娯楽・衣料品・外食・アルコール・タバコなど…ただし家賃や公共料金は含んでいない)

世界で最も生活費が高い都市トップ18

なんで18なのか、よくわからないが、一応ピックアップした。

1位 カラカス(ベネズエラ)
2位 チューリッヒ(スイス)
3位 ジュネーブ(スイス)
4位 バーゼル(スイス)
5位 ベルン(スイス)
6位 ルアンダ(アンゴラ)
7位 東京(日本)
8位 ソウル(韓国)
9位 オスロ(ノルウェー)
10位 上海(中国)

11位 香港
12位 スタバンゲル(ノルウェー)
13位 北京(中国)
14位 テルアビブ(イスラエル)
15位 コペンハーゲン(デンマーク)
16位 釜山(韓国)
17位 エルサレム(イスラエル)
18位 横浜(日本)

ベネズエラのカラカスとは

残念ながら、名前は聞いたことがあるくらいで、どこにあるのかもわからない。

・南アメリカにある
・ベネズエラ(ボリバル共和国)の首都
・ベネズエラの北部、カリブ海から山を1つ越えた盆地にある
・南米有数の世界都市(グローバル都市)
・人口は約620万人
・気候は熱帯 年間平均気温 22.5 ℃

ウィキペディアを内容をまとめるとこんな感じだが、実際訪れた人たちのブログを見ると、治安はあまりよくなさそうだ。

生活費と治安は関係ないのだろうな、きっと。

カラカスの場合(2018年3月までの1年間で)経済、政治状況が悪化し、商品の原価は急激に上昇したらしい。インフレ率7000%(と、よくわからない数字が出ている)。
過去6ヵ月で1800%という驚異的な水準に達する、など変動が激しいらしい。

スポンサーリンク

ヨーロッパは生活費が高い?

この18ヵ所を、みると…

やはりヨーロッパが圧倒的に多い。
特にスイスは、ベスト5に4ヵ所も入っているから驚きだ。

日本から、東京7位。アジアではトップで、その後に韓国、中国と続く。横浜は18位にランクインした。

必ずしも生活費が高い=安全で安心ではない

2位のチューリッヒなどは中立国スイスの中にある都市であり、銀行・金融の世界的な中心地でもある。「世界で最も居住に適した都市」とも言われたこともあり、安定していて、いかにも住みやすそうだ。

3位のジュネーブも、赤十字があったり、歴史的建築物があったりと、ここも平和的な雰囲気がある。

東京も含め、物価は高いが、それでも住みやすい都市であることはたぶん間違いない。

こういう事から、感覚的に生活費が高い=安全で安心(お金さえあれば)というイメージを持っていた。

…がこれは、あくまでも数字ででた結果だ。

カラカスのように、政治的に不安定で、インフレの結果が1位だというのなら、必ずしもいいとは言えない。

ちなみに…

アメリカ版の「生活費が最も高い都市エ」コノミスト・インテリジェンス・ユニットが出しているコスト・オブ・リビング・ランキング(Cost of Living Ranking=ニューヨーク市の生活費を基準(100)とし、各都市の生活費が1パーセント上昇するごとに1ポイントを加算する)「生活費指標2018」では1位が バミューダのハミルトン(136.30)、2位 チューリッヒ(127.85)だった。

スポンサーリンク