マスクで熱中症のおそれあり!人との距離(約2m)が取れるようなら外してもいいらしい…

新型コロナ
Sponsored Links
Sponsored Links

緊急事態宣言が全面解除されたとはいえ、新型コロナ対策としてのマスクはこれからも欠かせない。そこで心配になるのがこれから夏に向けてのマスクストレスだ。

既に気温が高くなっている今日この頃、マスクの中は蒸し暑く、息苦しい時さえある。

しかも、マスクを着用することで熱中症のリスクが高くなる恐れがあるそうだ。

Sponsored Links

屋外で人と十分な距離を確保できたらマスクをはずす

5月25日、緊急事態宣言が全面解除された。
それと同時に国民には、感染防止の3つの基本である「新しい生活様式」が求められている。

その中には「マスクの着用」が入っている。
それを律義に守って、もし熱中症になってしまったら…まずいよな、やっぱり。

「新しい生活様式」とは

「新しい生活様式」は、5月4日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で示された。

緊急事態宣言が全面解除されたこれからも、国民はこれを守っていくことになる。

感染防止の基本は3つ。

①身体的距離の確保
②マスクの着用
③手洗いや「3密(密集、密接、密閉)」を避ける

その他、細かいことは、これまでもやってきたこと。
外出を控える、消毒をする、多人数の食事会は避ける、などだ。
※詳しく知りたい人は『「新しい生活様式」実践例』を参考にするといいだろう。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

熱中症予防行動の留意点

今年の夏はこれまでと違い、感染症予防をしながら、熱中症予防にも注意しけなければならない。

熱中症のリスクについては、必ずしも科学的な知見が十分に集積されているわけではないらしいが、厚生労働省は「熱中症予防行動の留意点」というものをHPに載せているので簡単にまとめた。

Sponsored Links

 熱中症予防行動の留意点

1、 熱さを避ける

・エアコンを利用し、部屋の温度をこまめに調整する。
・感染症予防のため、換気扇や窓をあけ、換気を確保する。
・暑い日や暑い時間帯は、無理をしない。
・涼しい服装にする。
・急に暑くなった日等は、特に注意する。

2、 適宜マスクをはずす

・気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意。
・屋外で、人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす。
・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避ける。
・周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩する。

3 、こまめに水分補給をする

・のどが渇く前に水分補給をする。
・1日あたり1.2リットルを目安に飲む。
・大量に汗をかいた時は、塩分も忘れずに摂り入れる。

4、 日頃から健康管理をする

・日頃から体温測定、健康チェックする。
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養する。

5 暑さに備えた体作りをする

・暑くなり始めの時期から適度に運動をする。
・水分補給は忘れずに、無理のない範囲でする。
・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度。

3密(密集、密接、密閉)を避けつつも(熱中症になりやすい)高齢者、子ども、障害者への
目配り、声掛けをするようにする。

※https://www.mhlw.go.jp/content/000633839.pdf 参照


まとめ

「熱中症のリスクについては、必ずしも科学的な知見が十分に集積されているわけではない」というのが厚生労働省の見解のようだ。

が、一応マスクをすると熱中症になる原因について、

・マスクをすることで体内に熱がこもってしまう
・自分が吐く息で口の周りに水分があるため、のどが渇いていることに気付かない

と、どこかのワイドショーで言っていた。
なので、のどが渇いていなくても、水を飲む時間を決めて(スマホなどでタイマーセットして)おけば、飲み忘れがないぞ!…ぜひ、お試しを。