スメルハラスメント!香水?柔軟材も?あなたも気付いていないスメルハラスメント事情

気になるキーワード

世の中には様々なハラスメント(嫌がらせ)が横行しているが、最近増えているのが「スメルハラスメント(香害)」といわれているものだ。

Sponsored Links

スメルハラスメント

スメルハラスメント…あまり聞きなれない言葉だが、様々なニオイによって他人に不快感を与えてしまう事だ。

香りの害なので、公害をもじって「香害」と言われることもある。

スメルハラスメントの種類

スメルハラスメントにも色々ある。

一口にニオイといっても、その感じ方は千差万別だ。

2019年にJタウン研究所が行った「あなたが最も許せないニオイ」ランキングでは

1位 生乾き臭

2位 汗のニオイ

3位 香水のニオイ

4位 お酒のニオイ

5位 タバコのニオイ

6位 加齢臭

7位 洗剤・柔軟剤のニオイ

 

という結果が出ている。

柔軟剤も?

このうち、注目すべきは3位の香水のニオイと、7位の洗剤・柔軟剤のニオイだ。

他のニオイに関しては、一部のフェチを除き、万人が不快感を感じるであろう種類のニオイと思われる。

だが、香水や洗剤・柔軟剤に関しては、かなり個人の好みや感覚に左右される部分がある。

同じニオイでも、「良い香り」と感じる人と「嫌な臭い」と感じる人がいるという事だ。

化学物質過敏症

香水・洗剤・柔軟剤のニオイに共通することは「人工的な香り」ということだ。

これらの人工的な香りは、人によっては頭痛や吐き気といった体調不良や、場合によっては重篤なアレルギー反応のアナフィラキシーショックを起こすこともある。

この様な症状を「化学物資過敏症」という。

そして、それが原因で仕事を辞めたり、外出できずに引きこもりになっている人がいるのも事実だ。

「化学物質過敏症」は専門医が少なく、またアレルギー検査を行っても引っかからず、原因もわかりにくいという。

ましてや、個人の好みが反映される香水や洗剤のニオイであれば、尚更当事者の苦しみを理解してもらうのは難しいと言える。

「スメルハラスメント」の加害者とならない為には、香水であれば付け過ぎないこと。

人間の感覚には「慣れ」というものが存在する。

Sponsored Links
例えば香水ハラスメントの場合…

同じ香水をつけていると…

そのニオイに慣れてしまい、感じなくなってしまう

ニオイを感じないものだから、どんどんエスカレートして大量につけてしまう

折角良い香りの香水を付けているのに、付けすぎて周りの人に迷惑をかけてしまう

…という悪循環に陥る。

そしてこれは、特に高齢者に多い気がする。

老害とスメルハラスメント

私の職場でも、70過ぎの高齢者がいるが、加齢臭が気になるのか、毎日ものすごい量の香水をつけてくる「老害」がいる。

またその香水が独特のニオイだ。

ある日、他部門のスタッフが部屋に入ってきた時「この部屋随分線香臭いな」と言われた。

しかし、線香臭い香水を付けている、当の「老害」は自分のニオイに気が付かないので、知らんふりをしている。

一度香水の付け過ぎを注意したことがある。

すると「付け過ぎてなんかいない、俺の事にはかまうな!」と逆ギレされたことがある。

まさに「老害」だった。

ニオイのパラドックス

先程のランキングでいえば、「2位 汗のニオイ」や「6位 加齢臭」を誤魔化す為に「3位 香水」や「7位 洗剤・柔軟剤」を使う事がある。

嫌われるニオイの2位や6位を打ち消す為に、3位や7位を使用し、スメルハラスメントを助長するという、「ニオイのパラドックス」が起こるのである。

これでは「本末転倒」だ。

まとめ

最近は「コロナ禍」の影響で殆どの人がマスクを着用している。

マスクはウィルスの侵入を防いでくれると共に、ニオイも防いでくれる。

ということは、とりもなおさず「ニオイ」を感じ難くなっているという事だ。

マスクをしている時こそ尚更「ニオイに敏感に」なるべきだ。

そして「スメルハラスメント」の加害者とならない様、常に気を配っていたいものだと思う。