中国側に大江戸温泉物語の許可証を出した住所は女子学生寮?

日本にある「大江戸温泉物語」と同じ施設が中国にオープンした問題。
日本側は「一切関係ない」といい、中国側は「許可を得ている」と反論、許可証を見せていた。

ところが…
許可を出した中国の住所を調べたらなんとそこは、女子寮だった。



日本の「大江戸温泉物語」とそっくりな施設が中国に出来たということで、話題になっている。

場所は中国の上海市宝山。
試験的にオープンした施設らしいが…

これが東京の「大江戸温泉物語」と名前が同じ。

入場料は約2300円。
名前のロゴ、大浴場、レストランなど東京のものとそっくりなのだそうだ。

訪れる客も、インタビューを聞く限り、日本の施設と繋がりがあると思って訪れているようだ。

中国側の言い分

それもそのはず、上海の運営側は日本の会社が発行した「公認証明書」があると公表している。

それを見ると…
日本の大江戸温泉の会社は、中国にその会社を唯一の公認ビジネスパートナーであることを証明する、と書かれている。

使用期間は2015年11月1日~2018年10月31日となっている。
社長の森田さんの名前と印も薄っすらと見える。

日本側「一切関係ない!」

それに対して、本家本元の日本側は「日本のいかなる企業・団体にも業務提携は行なっていない!」とコメントを発表している。
更に、発行されたという書類は「発行したものではない」という。
押されている社印も違うそうだ。


日本側は今後「弁護士と協議する」としている。

TBSのニュースによれば、その証明書が出されたという場所は女子寮。
ビル関係者もその会社の名前は聞いたことが無いという。
電話をかけてみても応答がないらしい。

普通に考えて、ただで、名前を貸すのは、ありえない。

ビジネスパートナーになるにしても、何かしらのお金の契約が、生じるはずだ。

AKBが、出ているCMも、現地で流している、とも聞く。

それらを勝手にやっているとしたら…かなりひどい話だ。