格安スマホ「LINEモバイル」の「500円」の内容と特徴

人気格安スマホの「UQモバイル」と「ワイモバイル」は「1,480円」になるプランを出している。が、LINEモバイルは、ワンコイン(500円)で始められる!とかなりの低価格を表示している。

LINEスマホというくらいだから若者向きのスマホじゃないの?という懸念はある。だが、安くスマホを使いたい、と思っている以上「ワンコイン」というキーワードは、避けて通れない。

スポンサーリンク

本田翼が飛んだり跳ねたりする、とにかくかわいいLINEモバイルのCM…(結構好き!)。

LINEは今や「トーク」ばかりではないようだ。
音声通話・ビデオ通話、タイムラインやウォレットなどいろいろな機能があるらしい。(…ついて行けない ^^;)

LINEモバイル…最終的には、ワンコインで、何が、どの程度使えるのか、調べてみた。

LINEモバイルとは?


LINEモバイルが他よりも注目されるポイントは「好きな回線が選べる」「ラインなどの通信料がかからない」「500円から使える」の3つ。(他にもあるが、とりあえず…)

>>LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

LINEモバイルは好きな回線が選べる

格安スマホが格安なのは、3大キャリアのいずれかの回線を借りるから。

なので、それぞれの格安スマホメーカーは、ソフトバンク・ドコモ・auいずれかの回線を借りている。UQモバイルはau、ワイモバイルは、ソフトバンクというように…。

だが、LINEモバイルは、契約時に、ソフトバンク・ドコモ・auいずれかの好きな回線を選べるらしい。

LINEモバイルは全プラン「データフリー」機能付き

データフリー」とは…
基本的に、LINEや主要SNS、LINE MUSICのデータ通信量がカウントされない機能。

データ容量を使い切って、通信速度制限がかかっても(データフリー対象サービスの)通信速度は落ちないので通信量を気にせず楽しめる、というもの。

LINE・Twitter・Facebook・Instagramをよく使うSNSユーザー向きのかなり頼もしい機能だ。

各プランの「データフリー機能」の特徴は…

LINEモバイルのプランは…「コミュニケーションプラン」「MUSIC+」「LINEフリー」の3種類あり(各プランの内容は後述するが、とりあえず)それぞれのデータフリーの内容は以下の通り。

〇コミュニケーションプラン
LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費ゼロ
〇MUSIC+
LINE MUSICと主要SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)のデータ消費ゼロ
〇LINEフリー
LINEアプリの通話・トーク等のデータ消費ゼロ

データ消費ゼロ…いい響きだ。

月額500円~ワンコインで始められるのは?

LINEモバイルの月額利用料は他とちょっと違う

LINEモバイルの場合、UQモバイルや、ワイモバイルとプラン表示がちょっと違っている。

データSIM…使えるのはデータ通信のみ
データSIM(SMS付き)…データ通信とSMSができる
音声通話SIM…データ通信、SMS、音声通話ができる

「SIM」の名前が付いていて、使える機能もそれぞれちがう。
もちろん、容量別(3GB、5GB、7GB、10GB)の料金も違う。
(ちなみにSIMとは、端末に差し込む小さなカードで、加入者のID番号が記録されたICカードのこと。差し込むことでデータ通信、通話、などができるようになる)

極端に言えば、
・「通話機能はいらない、データ通信しか使わない」という人は、データSIM
・「通話機能はいらない、データ通信とSMSしか使わない」という人は、SMS付き
・「通話機能は必要、データ通信も必要」という人は、音声通話SIM
を選ぶ、という感じだ。
ただし
・音声通話SIMは、電話で話すことはできるが、20円/30秒かかる。
オプション(10分電話かけ放題)がある。

これを他の格安スマホのプランに当てはめて考えると…

UQモバイル

UQモバイルの場合、各プランの基本料金に、すでに「データSIM(SMS付き)、音声通話SIM」が入っている、と考えていいだろう。

そして、UQモバイルもLINEモバイル同様、20円/30秒かかる。通話オプションは、3通り用意されている。

格安スマホ「UQモバイル」1480円の内容と特徴
ガラホを使っているカミさんがそろそろスマホに変えようか、と考えていて「今度買うなら、格安スマホの方が経済的じゃないかな?」という… 彼女は今「1480円」を前面に打ち出しているUQモバイルが気になっているらしい。 確かに、月3GBも使え
ワイモバイルで言えば…

ワイモバイルの場合は、基本料金に「データSIM(SMS付き)、音声通話SIM」「通話オプション(1回あたり10分以内の国内通話回数無制限)」込み、の料金になっている、と思っていいだろう。。

格安スマホ「ワイモバ」1480円の内容と特徴。paypayユーザーならさらにお得!
先日は「UQモバイルの1,480円の内容」について書いた。 そしたらなんと「Y!mobile(ワイモバイル)」のプランにも1,480円という数字を見つけた。 1480円プラン、さてUQモバイルとどこが違うのかな?

LINEモバイルのプランの料金

LINEモバイルのプランは…

・コミュニケーションプラン
・MUSIC+
・LINEフリー

の3種類。

〇コミュニケーションプラン
容量は3GB、5GB、7GB、10GBの4種類。

例)3GBなら
・データのみなら月額1,110円。
(音声通話付きなら1,690円)
・データフリーとなる機能:LINE・Twitter・Facebook・Instagram

〇MUSIC+
容量は3GB、5GB、7GB、10GBの4種類。

例)3GBなら
・データのみなら月額1,810円
(音声通話付きなら月額2,390円)
・データフリーとなる機能:音楽・音声の視聴他と各SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)

コミュニケーションプランとの違いは、音楽視聴やダウンロードをより快適に利用できるSIMという理解でよさそうだ。

そして、もう一つのプランが、500円から始められる「LINEフリー」プランだ。

ワンコインで始められるLINEフリーとは

〇LINEフリー
・容量…1GB
データフリー対象サービス LINE 、LINEアプリの通話・トークなどが使い放題になる。
というもの。

>>LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

使うSIMによって料金が変わる。

データSIM (データ通信のみ )

データSIM (データ通信のみ )…月額500円
これが、ワンコインで使えるプランだ。

・初月500円。
・SMSと音声通話機能はついてない。
・au回線ではデータSIMの提供はない。

データSIM(SMS付き)

データSIM(SMS付き)…月額620円
データ通信とSMSができる
・初月620円
・音声通話機能はついていない

音声通話SIM

音声通話SIM …月額1,200円
・データ通信、音声通話、SMS認証もできる
・初月1,200円
・音声通話機能が付いている

通話オプション

10分電話かけ放題…月額880円
通話アプリ「いつでも電話」からの発信で、誰とでも何度でも10分以内の電話かけ放題

まとめ

データ量が1GBで、データフリーの対象は、LINEとラインアプリのみの「LINEフリー」。

これが500円か、なるほど…。ちなみに、インスタや、ツィッターなどは、データフリーの対象外となっている。

LINEが使えるという事は「LINE通話」アプリを使って電話ができる、ということ。しかもデータフリー。

なので、このプランを使うなら無理に「音声通話SIM」にしなくてもいいのかな(たぶん)、と思ったりもする。通常電話をする相手も、LINE通話を使ってくれるなら、問題はない。

ちなみに、1GBあれば…
「テキストメール(300文字)は約66,000回
ホームページ(300KB)は約3,300回
YouTube(360P)約4MBは約4時間みられるそうだ。

スポンサーリンク