緊張すると口が渇くのは「生き延びる為」だった?~チコちゃんに叱られる!

「緊張すると、口が渇く」という経験はあるだろうか?

この現象には、ちゃんと医学的にも生き物的にも理由があるらしい。

それも「生き延びよう」とする切羽詰まった理由のようだ。

スポンサーリンク


第15回「チコちゃんに叱られる」はいつものようにチコちゃんの岡村へのこんな質問から始まった。

「この中で大事な場面で緊張するかわいい大人ってだあれ?」
すると岡村は、手を挙げて「俺いつも緊張してますけど」と答える。

次にチコちゃんは「モー娘。は?今まで緊張したことある?」と、ゲストの藤本美貴にも聞いた。すると藤本は「コンサートの初めてのステージは尋常でなかった」と答えた。
…チコちゃんがつけた藤本のあだ名は『モー娘。』らしい(笑)

さらにもう1人のゲスト、大竹まことにも「シティボーイズは?」と聞く。
「この歳になってあまりドキドキしないように生きているつもりだけど、家帰るとね、結構緊張する。」と言い、笑いが起こる。(大竹は恐妻家か?)

なぜ緊張すると口が渇くの?

岡村が、チコちゃんに「緊張するとどうなる?」と聞かれ「口が渇く」と答えた。
すると「何で?」と追い打ちをかける。

岡村は「緊張したら汗をかく。他の部分から体液が渇くので…バランスを取っている。」という答えにまとまると、やはりチコちゃんに「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られる。

それを見ていた大竹「人がそうなっている状態って本当に気持ちがいい。」と嬉しそうにいうと「やらしいわね、あなた」とチコちゃんに言われる。

番組では人生の節目の一つ「結婚式」を例に、様々な緊張する場面を紹介した。
結婚式の披露宴に来ている人たちに「なぜ緊張すると口が渇くの?」と質問。
「体が熱くなって水分がなくなる」
「口が開いてるので乾燥している」
などの答えが出た。

○チコちゃんの答え
⇒何とか生き延びようとしているから
それを聞いた藤本「え?死にそうなの?」という。

スポンサーリンク

緊張は「ライオンに狙われたシマウマ」状態

自律神経系のスペシャリストの教授によれば…

緊張は…
・医学的に説明すると⇒自律神経の乱れ
・生き物で例えると「ライオンに狙われたシマウマ」なのだそうだ。
⇒天敵と出会い、生きるか死ぬかの状況((何とか生き延びようとしている状況)

これを披露宴のスピーチに置き換えると…
「緊張しやすい人が人前に立つと多くの視線を浴びてしまうので、何か狙われるという感じがする」という状況らしい。

「緊張状態から生き延びる」ためには筋肉が必要

この緊張状態生き延びるためには「逃げ出す」か「相手に立ち向かう」の二択しかない。

この状態で一番必要なのは「筋肉」で必要のないものは「消火器官」(命にかかわる状況でランチは楽しめない)。

緊張状態
不必要…消化器官
必要…筋肉

唾液の大本は血液なので⇒生き延びるため、(口の中の血液も)筋肉の血液にまわる

血液が減る⇒唾液も減る、必然的に⇒口が渇く

食欲がなくなるのも…

さらに、緊張すると食欲がなくなるのは…
胃液が減ったり、消化器官の運動が減るから。

結婚式で料理に手を付けていない人に話を聞くと乾杯の挨拶を頼まれている新郎の上司だった。
「緊張して食えない」と言い、お酒ばかり飲んでいた。

だが、挨拶を終えた途端、いつも通りの食欲に戻っていた。

岡村は「確かに仕事している時、緊張しているからおなか減るという感じがない。終わって楽屋帰ったら腹減ったなぁと思う。」と言っていた。

スポンサーリンク

緊張のほぐし方

教授による「緊張のほぐし方」

1 ため息をつく
長くゆっくり息を吐きだすとリラックスした状態になる。
2 空を見上げる
緊張した人は姿勢が悪くなりがちなので、空を見上げてのどや胸を開き呼吸が楽になる。

これを聞いた大竹は「家に帰る前に)これ)やればいいね」と言っていた。

※第15回「チコちゃんに叱られる(NHK)より参照・参考

まとめ

この歳になると「緊張すること」は最近は、ないな、と思う。
思い当たらない。

若い時、友人の結婚式のスピーチを頼まれた時は、そのことで頭がいっぱいで、目の前の料理を食べても味がしなかったり、ビールばかり飲んで、緊張をほぐそうとしていた記憶はある。(そして、こういう時は、意外と酔わない)

緊張は気持ちの問題なんだろうと思っていたが、身体は本能的に体を守る仕組みが出来ている、という事なんだろう。勉強になった。

第15回

第15回の他の質問と答え

19才を過ぎると1年はだんだん早く感じるようになる?~チコちゃんに叱られる
今年もすでに7月20日。 あっという間に半年が過ぎた…と思っている大人は、多いはず。 なぜか… 1年が早く過ぎる、と感じる人は人生にトキメキが無くなったから、だそうだ。 なんとなくうなずけるかも…。
低い声の男性がモテるのには動物学的理由があった!~チコちゃんに叱られる
男性が声変わりをして低い声になるのには、理由があった。 それは、モテたいからだという。 その理屈からいくと、より声が低い男性はモテるらしい。 私は、声が低い方だと思うがモテない…悪しからず。
苦いのにピーマンを食べる理由とは?~チコちゃんに叱られる
“なぜピーマンは苦いのに食べなきゃいけないのだろう?”そう思っている子供は結構多いようだ。 ピーマン嫌いが、子供に多いのは… 子供の味蕾(味を感じる器官)の数は、大人の3倍あるという。なので、ピーマンの苦味をより強く感じるから、という説
男は何で電気を消さない?これには理由があった!~陽だまりの縁側で
男はなんで電気を消さないのか… つい、忘れてた!というのはよくある。 でも、俺がだらしないからなんだろう、と思っていたが、これには実はちゃんとした理由があったようだ。

スポンサーリンク