星野源と綾野剛がぴったんこカンカンで盛り上がった2つのボードゲームとは?

おもしろネタ
Sponsored Links
Sponsored Links

TBSの「ぴったんこカンカン」で星野源と綾野剛がやっていた色の輪っかをはめるゲーム。
かなり楽しそうだったので、調べてみた。

Sponsored Links

「ぴったんこカンカン」で盛り上がったボードゲームとは

先日、TBSの「ぴったんこカンカン」のゲストは星野源と綾野剛。
いつものようにゲストが行きたい店を回るというものだった。

2件目、星野源が行きたかったピザ屋で大きなピザを堪能したあと…

「ピザを家で食べた後などによくやると思うんですけど、また最近、家での時間の過ごし方を色々考えている方も多いと思うんですけども、ボードゲームをみんなでしたいと思います。」と言って安住アナが持ってきたのは箱に入ったゲームの数々。

パッと見えたのは「お化けキャッチ」「Speedcups」「RINGLDING(リングディング)」それぞれの箱。

安住アナに「知ってるのありますか?」と聞かれ、星野が「スタンダードな…」と言って取り出したのはワニのゲーム。

綾野は「これ最近見た。誰かがやってたよ。」と「ポカポンゲーム」を取り出す。
安住アナが「佐藤健さんが…」と言うと(以前番組で佐藤健がIKKO相手に「ポカポンゲーム」やっている映像が出る)綾野が「強いと言って負けていましたよね」と言う。

他にも「危機一髪ゲーム」」「ZITTERNIX(スティッキー)」も入っていて…全部で8種類のゲームが用意されていた。

RINGLDING(リングディング)は星野が強かった!

そこで3人が選んだのは「RINGLDING(リングディング)」。

引いたカードと同様に指にカラーゴムをはめるというもの。
完成したらベルを鳴らす、そのスピードを競うというゲームだ。

最初の勝負は、星野が1位、綾野が2位、安住アナは3位、どや顔の星野。
負けず嫌いの綾野は「もう一回やりたい!」とリベンジを申し込む。

2回目の結果は…やはり星野が1位、綾野が2位、僅差だったので綾野が悔しがる。

特別チャレンジクリアでピザ獲得?

その後2人に特別チャレンジとして、リングディングを5秒以内にクリアすれば、ここ「PIZZASLICE」のPIZZAを番組からドラマ撮影現場にプレゼントするという事に…。

それを聞いた星野「最高ですね、みんなさっそく疲弊してるんで…」と力が入る。

まずは綾野がチャレンジ…だが、結果は7秒19。
その次に星野、意外と手間取り、9秒1。
二人ともクリアならず。

なかなかクリアできないので種目変更…。

Speedcups(スピードカップス)に挑戦!

今度はSpeedcups(スピードカップス)に変更した。

これも引いたカードと同じようにカラーカップを重ねる、というもの。
二人のうちどちらかが5秒以内で出来たら、差し入れのPIZZA獲得!という事になった。

1回目、星野は慌てすぎどこかへ飛ばしてしまったが、綾野は綺麗に重ねた。
かかった時間は惜しくも5秒03。
「一瞬すごい考えるよね」と綾野。
「数秒かかっているとうわ~ってなっちゃいますよね」と手を震わす星野。

2回目、出来上がりはほとんど同時。
綾野が先にチンを押し、その上から星野がちょっと強くたたいたらしい。
これは3秒66だった。

これで…やっとピザ1枚獲得となった。
1枚と聞いて星野が「1枚づつですか?あと20回はやらないと…」という。

その他のゲーム

ここでは使わなかった他のゲームを簡単に紹介する。

スティキー

6面ダイス(サイコロ)を振り、その色の棒をリングを落とさないように抜いていくゲーム。

(木の輪っかを落としたり、倒さなければOK。大人が子供に負けることもあるらしい)
対象年齢:6歳以上

お化けキャッチャー

五つの駒(白いお化け、グレーのネズミ、青い本、緑のビン、赤い椅子)を取り合うゲーム。

カードに描かれた絵柄のうち色と形どちらも同じものがあればその駒を取る。
なければ、色も形も描かれていない駒を取る。

単純なルールのわりに、結構頭を使うゲーム。
・プレイヤー人数:2~8人
・対象年齢:8歳以上

おもちゃ系

その他、おもちゃ系で有名なゲーム。

まとめ

こういうゲームは、大人子供関係なく楽しめるし、かなり盛り上がる。
特に二人がやった二つのゲームは、意外と奥が深いし、かなり楽しそうだった。

リーズナブルだし、ネットで簡単に購入できるのもいい。