「青春アミーゴ」を完コピしたロボホンは18万のスマホ!?~所さんの笑ってコラえて!

「所さんの笑ってコラえて!」で「青春アミーゴ」を完コピしたロボホンを見て、以前「逃げ恥」で恋ダンスを踊ったロボホンじゃないか?と思った人は多いと思う。

ロボホンがとうとう「逃げ恥」で恋ダンスを踊った!(踊るのを待ってたよ!)
今話題のTBSの火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(12月13日放送)で、あのシャープのロボホンが、恋ダンスを踊ったシーンを見た人は、もう一度みたい!かわいい!と思っただろう。 かくいう私もその一人だ。 現在ユーチューブでたっ

だが、よく見ると耳の色が違う。

【パワーアップ ちょっと昔の旅】で紹介されたロボットクリエイターの高橋智隆さん。

顔は知ってたが、彼が「ロボホン」作ったとは知らなかった。

そして、今回紹介されたロボホンは、何年か前このブログで紹介した初代ロボホンより遥かにパワーアップしている第2世代モデルらしい、早速調べてみた。

スポンサーリンク


ロボホンは「5歳の男の子」という設定で作られてるそうだ。
確かにあのかわいい口調を聞いていると、将来は賢い子供になりそうな気がする。

RoBoHoN(ロボホン)とは

ロボホンとは、SHARPのモバイル型ロボットのこと。
小型で携帯可能、二足歩行できるモデルもある。
カメラ機能があり、歌も得意だ。

ロボホンの基本的な機能

ロボホンの基本的な機能は次の通り

1:ロボホンと話ができる。
2:身近な情報を提供してくれる。(天気予報など)
3:ユーザーを覚える。会話などを専用サーバーで記憶する
4:機能が追加できる。(専用のアプリケーションをダウンロード)

「RoBoHoN」(ロボホン)の2代目モデルは3種類

「RoBoHoN」(ロボホン)の2代目モデルは、今年2月27日に販売開始されていた。
初代ロボホンと同じく携帯(スマホ)としても利用できる「3G・LTEモデル」、Wi-Fiの環境で使うことが出来るモデル。さらに足が動かないだけで他の機能はほぼ同じというモデルの3種類。

価格は
「3G・LTEモデル」=音声通話(電話)ができる。18万円(税別)※OSはandroid8.1
「Wi-Fiモデル」=音声通話ができない。12万円(税別)
「ロボホンライト」=上半身のみが動く。7万9000円(税別)

スポンサーリンク

「RoBoHoN」(ロボホン)とココロプラン

ロボホンを使うためには、最低でも月額980円のココロプランに加入する必要がある。
これに加入しないと、使えない。

◯3G・LTEモデルの場合 /月額(税別
・「3G・LTEモデル」ココロプラン(SIMなし)=980円
・「3G・LTEモデル」ココロプラン(モバイル通信・音声通信SIM付き3GB)=2,480円
・「3G・LTEモデル」ココロプラン(データSIM付き)=1,930円
◯Wi-Fiモデル用ココロプラン=980円
◯ロボホンライト用ココロプラン=980円

初代ロボホンと2代目の違い

背の高さ…初代約195mm/約390g、2代目が約198mm/約359g…3mm背が伸びた。

耳の色…初代=ブラウン、2代目=オレンジ

機能変更点…2代目の機能変更点は以下の通り
・背中のディスプレイが大きくなった。約2.0インチ⇒約2.6インチ
・カメラの上にあった小型レーザープロジェクターがなくなった。⇒テレビ出力できる
・ボディバランスが変化した…動作がよりスムーズになった。立ち方がおしとやか?になったらしい
・搭載されているチップセットがアップグレードした…ユーザーの声への反応が俊敏になった⇒ユーザーを見て返事をするようになった。
・カメラは約800万画素で同じだがレンズはより広角になった。

新アプリ

本来ロボホンは、基本的にできる機能の他に、ロボホン専用アプリをダウンロードすることでより多才で個性的なロボホンに育てることもできる。

今回新しいアプリも紹介された。

・「お留守番」(月額300円)見守り機能
・「ロブリック」プログラミングできる(8900円)
・「ヘルスケア」(月額300円)タニタと連携して体調管理
・「ボクと歌お」カラオケアプリ(月額300円)カラオケ機能

ここにあげた、ロボホン向けの新機能や新サービスは初代ロボホンでも使える。

スポンサーリンク

ロボホンの歴史

ロボホンは、様々なアプリをダウンロードしてカスタマイズ出来る面白さがある。

◯2016年5月26日
最初にロボホンが発売されたのは2016年5月26日だ。

・これはほぼスマホ
・プロジェクター機能が付いていた。
・当時の値段は、19万8000円(税別)だった。

◯2017年10月6日
Wi-Fiモデルが発売される。
前モデルのLTE・3G通信機能を省いたモデルのため通話はできない。
値段は13万8000円(税別)

まとめ

所さんの「笑ってコラえて!」の【パワーアップ ちょっと昔の旅】とは、所さんがランダムに選んだ日付から、その日輝いていた人を、インタビューや再現VTRを交え、その功績を紹介しようというコーナー。

スタッフが選んだのは、ロボットクリエイターの高橋智隆さん。
ロボットを1人で作るという、彼の経歴もなかなか見ごたえあった。

乾電池2本だけでグランドキャニオンの断崖530メートルを登る乾電池のCMでも話題になった『エボルタ』も彼の作品。ロープを上るけなげな姿に、ちょっと感動した記憶がある。

ロボホン200体のパフォーマンスは圧巻

ネットを見ていたら、こんな動画を見つけた。ユーザーの下で過ごしてきた200体のロボホンが一斉に動く姿は、圧巻だ。可愛い、と思うと同時に改めて彼らはロボットなんだなと思わせるものでもあった。

ロボホンがうちにいて会話ができたらたのしいかも、と思う。

でも18万かぁ、買うかなぁ…

すごい!手話ができるロボホンアプリが開発された!シャープの有言実行に感動!
昨年、5月にシャープから発売された、ロボット型モバイル携帯「ロボホン」は、進化している。ついこの間、Wi-Fi専用モデルが発売になったばかりだが、今度は手話を理解して通訳してくれる専用アプリが開発されたらしい。
シャープのロボホンが絶好調! 購入しているのは意外なあの人達?
今年の5月26日にシャープから発売された モバイル型ロボット電話「ロボホン」。 予約だけでなんと1000台を越える数を受注したヒット商品だが、 購入者の3割が女性、それも40~50歳台の女性が多いというから驚きだ。
ロボホンは「ココロプラン」加入が必要!月額980円から。
5月26日から発売のロボホン。 今朝の「めざましTV」でも ちょっと触れていた。 可愛いし使ってみたくなる ロボホンだが… ※写真は、キャリングケースに入っているロボホン これを利用するには、 月額980円の「ココロプラン
ロボット型モバイル携帯ロボホン 5月26日発売!シャープの逆襲? 
5月26日にシャープから発売される ロボット型携帯電話 「RoBoHoN(ロボホン)」 が、予約好調だ。

スポンサーリンク