虹は「7色」はニュートンが決めた?らしい~チコちゃん拡大スペシャル!

最近の雨は「集中豪雨」とか「台風」とか嫌な事が多く、残念ながらロマンチックな虹をイメージすることはあまりない。

虹は7色…と言いながら、遠くに見える虹の色をちゃんと数えられた記憶はない。
だんだんと薄くなっていく虹は時に3色にしか見えないような気もするのだ。

では、なぜ7色と答えてしまうのだろう?

スポンサーリンク


久々のチコちゃんは夏休み拡大スペシャル。
二つめのチコちゃんの質問は「虹の色の数」についてだった。

なんで虹は7色なの?

「この中(岡村隆史、国分太一、浅野ゆう子、若槻千夏)で一番空を見上げるのが大好きなロマンチックな大人はだあれ?」で…国分太一が選ばれた。

チコちゃんが国分に「虹って何色?」と聞く。
「7色」と答えると、続けて「なんで虹は7色なの?」と聞かれる。

戸惑いながら、国分が「「ちょうどいい色なんですよね。自然界の色が7色しかない。その色が全部出ている」と答えるが…やはりチコちゃんに「ぼーっと生きてんじゃねーよ」と言われる。

言われた国分は「すごいプレッシャーですね」という。

よく見ると、7色に見えない?

実際、虹の写真を見せられるが…。
国分が「赤 オレンジ 黄色、緑 青 紫…あれ6色なんですか?」というと岡村が「7色、綺麗に見えたことなんかないよ」という。千夏も「確か」にという。

岡村が「でもなんか人間って、昔から(「7人の侍」とか)7にしたがるよな?」と言う。「確かに」と国分もいうがチコちゃんに、次の答えを求められると…
「あ~、そこまでいって限界です」と答えるしかなかったようだ。

確かに、よく見ると7色とは言えない。なのになぜ7色というのか?

○チコちゃんの答え
⇒虹が7色なのはレミファソラシドレだから

それを聞いた皆は繰り返すが…音楽をやっている国分も見当もつかない。

スポンサーリンク

ニュートンが「虹は7色」と言ったらしい

物理学の歴史研究者で大学の講師によれば…

虹が7色と言い出したのは物理学者「アイザック・ニュートン」だという。

ニュートンの実験

ニュートンが人生の中で最初に取り組んだのが「光と色についての研究」だった。
大学生の時の彼の研究ノートにその時の実験結果が図解で記録されているらしい。

ニュートンの当時の実験を再現

ニュートンの実験以前、虹は「紫・青・緑・黄・赤」の5色だった。だがニュートンはさらに色の境界線を加え「藍」と「オレンジ」を加えて、7色にしたらしい。

それを聞いたスタッフが「強引ではないか?」と講師にいうが「実際は、色が連続的に変化しているので数えるのは難しいかもしれない」そうだ。

自然現象と音楽

ニュートンは、音楽(=当時、ヨーロッパでは格式の高い権威のある学問)を使えば虹が7色だと納得力が増すと考えた。

そこで、ニュートンはリュートを使って「自然現象と音楽=自然の法則のあらわれ」を説明した。

その方法は…

実際、光の境界線をリュートのフラットに合わせて奏でると…
「レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レ」となった。

これが「自然現象と音楽との美しい調和」。
このことにより「虹は7色」という事が広く浸透していった。

説明してくれた講師にスタッフが「納得しているか?」と聞くと「ニュートンなりによく考えたなと思う」と答えてた。

結論:ニュートンがレミファソラシドにこじつけたから

まとめ

・今の高校の教科書(5冊中3冊)は、虹は6色と書いているそうだ。
・国や地域によって虹の色の数について見解が異なっている
・アメリカでは青と藍が区別しにくいので「青」とまとめているそうだ。

ちなみに、チコちゃんが尊敬しているのは「マラドーナ」らしい。

※8月17日「チコちゃんに叱られる(NHK)より参照・参考

スポンサーリンク