ペットボトルの凸凹よりジュースが87℃で入れられていたことの方が気になった~チコちゃんに叱られる!

第9回「チコちゃんに叱られる」の3つ目の質問は「何故ペットボトルに凸凹があるの?」だった。

確かにペットボトルには「凸凹があるもの」と「ない丸いもの」ある。
凸凹の無い丸い方は、炭酸が入っているので、その理由は知っていたが、凸凹は何でだったかな…と思ったら「熱いオレンジジュース」を入れるから、だという。

理屈はわかったが…ちょっと驚いた。

スポンサーリンク



この問題に先に答えるのは「飲み物を飲む姿が一番爽やかな人は誰」という事で、ゲストの高橋みなみが選ばれた。

ペットボトルに凸凹があるのはなぜ?

チコちゃんの質問は「ペットボトルに凸凹があるのはなぜ?」だった。

たかみなは「持ちやすい?」と答えると
チコちゃん「言うと思った」と言う。

その言葉に、たかみなは「めっちゃハズイ」と言うが、岡村もゲストの大竹からもなかなか答えは出てこない。

○チコちゃんの答え
⇒飲み物がとても熱いから

答えを聞いて「え~?」「どういうこと?」と声が上がる。

PETボトル協議会専務理事によれば…

凸凹のペットボトルは、耐熱用のボトルで、熱い液体を入れても変形しないボトル。
お茶や果汁飲料に多く用いられている。

店頭では冷たいが、中味を入れる時は「熱い状態でボトルに入れられる」そうだ。

番組では、スタッフが飲料工場に行ってみた。

なぜ、中味が熱いのか?

工場の作業員は手袋をしている。
ボトルに入れられらるオレンジジュースの温度を測ると87.5℃だった。

なぜ、熱いのかというと…
「中味の液と容器と液体を殺菌するため」で、凸凹は、その時役に立つらしい。
凸凹は「減圧吸収パネル」というそうだ。

スポンサーリンク

減圧吸収パネルを使う理由

キュエちゃん
キュエちゃん

ポイント…熱い飲料は温度が下がると中味の体積が減る

「減圧吸収パネル」のペットボトルは…凸凹がへこむ力を受け止め、変形を防ぐため、熱い殺菌した中味を入れることが出来る。

番組では「減圧吸収パネルのボトル」と「そうでないボトル」に熱いジュースを入れて比べてみた。すると…

そうでないボトル
時間が経つにつれての側面が徐々に凹んでくる⇒内側にへこみ不規則に変形する

減圧吸収パネルのボトル
凸凹がへこむ力を受け止めいびつな変形を防ぐ⇒変形しにくい

丸いタイプのペットボトルは炭酸用

逆に、凸凹の無い丸いタイプのペットボトルは「耐圧性」を持たせているので、おもに炭酸飲料に使われている。

キュエちゃん
キュエちゃん

ポイント…炭酸飲料の場合、炭酸ガスによりボトルを外側に押し広げる力(圧力)が発生する

・丸いボトルは、外側に広がろうとする圧力に強い(均等に圧力を受け取る)ので変形を防ぐ。
・凸凹のボトルは、この圧力に耐えられず膨張して変形する。

(番組では実際凸凹ボトルに炭酸を入れ、変形していく様子を見せた。結果凸凹が無くなるくらい膨張した。)

このように「飲み物の種類によって、ペットボトルにはいろんな工夫がされていて、たくさんの知恵が詰まっている」と専務理事は言っていた。

※NHK第9回「チコちゃんに叱られる」参照・参考

まとめ

岡村は「タダのデザインと思っていた。」と言う。
大竹は「でもオレンジジュース87℃でいれるなんて思わないもの」と言う。

確かに…これはちょっと驚きだった。

撮影秘話…
スタッフが家で凸凹のペットボトルに炭酸を入れて、膨らんで…揺らしたら穴が開いた(爆発した)そうだ。

なので真似しないように…

第9回「チコちゃんに叱られる」の他の質問と答え

サッカーはなぜ手を使えない?ラグビーとの意外な関係とは?チコちゃんに叱られる
人は脳みそをフル回転させるためペンを回す⁉(練習するなら動画あり)~チコちゃんに叱られる
シェフの高い帽子はあるシェフの偉業とコンプレックスから生まれた!~チコちゃんに叱られる

スポンサーリンク