キョエちゃんのばびぶべぼゲームとは?~チコちゃんに叱られる!

チコちゃんに叱られる

キョエちゃんが岡村に「暇だからばびぶべぼゲームしよ」と言う。
「何ですかそれは?」と聞く岡村。
「言葉を『ばびぶべぼ』に置き換えて、何と言っているのか当てるゲームだという。

キョエちゃんと岡村の「ばびぶべぼ」ゲーム

「いくよ~」とキョエちゃん。

問題:「びぼばんびびばばべぶ」

これは岡村、すぐにわかった。
正解⇒チコちゃんに叱られる。

(いつも聞いているフレーズだし、なんとなくイントネーションがヒントになるようだ)

次は
問題:「ぼばぶばぼべびー」

これは、岡村、イマイチ。
最初の「岡村の」は、わかったが、最後の「べびー」がわからなかったようだ。

「岡村の」と来たら「バカ」かと思うのだが「バカ」は「ばば」だ。
「べびー」なので、正解⇒「岡村のケチ」だった。

ばびぶべぼゲームのポイント

ばびぶべぼゲームのポイントを改めて、説明すると、

〇あいうえお(母音)はすべて「ばびぶべぼ」に置き換える。

あ⇒ば
い⇒び
う⇒ぶ
え⇒べ
お⇒ぼ

・あいうえお⇒ばびぶべぼ

〇あいうえお(母音)以外の子音(か行・さ行…)も、それぞれ母音に置き換え、ばびぶべぼに変換する。

・かきくけこ⇒(あいうえお)⇒ばびぶべぼ
・さしすせそ⇒(あいうえお)⇒ばびぶべぼ

〇さらに言葉の前後から何と言っているのか予想することも必要。

例えば「敷居が高い」は「びびびばばばび」と言う。

だが、聞く人によれば「色紙は高い」とも聞こえる。

…聞く人や状況によって答えが違うのだ。

このように考える方は、ちょっと戸惑うし、問題を出す方もばびぶべぼ以外の言葉を言ってしまう、など、このゲームは意外と頭を使う言葉遊びと言える。

補足

「ちゃん」は「ばん」だった。
…という事は「ちょ」は「ぼ」で「ちゅ」は「ぶ」だな。

「ん」だけは、そのまま「ん」かな。

※4月24日「チコちゃんに叱られる!」より抜粋・参照

まとめ

キョエちゃんが岡村に言った言葉…

びぼばんびびばばべぶ⇒チコちゃんに叱られる

ぼばぶばぼべび⇒岡村のケチ

ぼびべばんばー⇒ときめかんわー

ばばばびぶー⇒また来週ー

家にいることが多いこの時期、キョエちゃんがおすすめするのが「ばびぶべぼゲーム」。
やってみてはいかがだろう。

その他の問題

ブルーシートはなんで青なの?(最初はオレンジ色だったらしい)
回転テーブルは「レイジースーザン(怠け者のSusan)」と呼ばれているらしい…
東京タワーと東京スカイツリーが同じ高さに見えるのは田園調布付近らしい…