チコちゃんに叱られる!「こんにゃく」の黒い粒々はひじきだった!

チコちゃんに叱られる

「こんにゃく」の粒粒ってなあに?

この問題を質問されたのはチコちゃんに「ニューヨーク」と呼ばれたゲストの河北麻友子。

最初は迷っていたが「炭」ととんでもない答えを出し「ぼーっといきてんじゃねえよ」とチコちゃんに言われてしまった。

スポンサーリンク


放送回数が、増えるにつれて「チコちゃんに叱られる」の人気が高まってきたらしい。

何といっても土曜日の再放送が朝ドラの後なので、チャンネルをそのままにしていたら突然、「胴上げって、なぜするの?」と聞いてくる。

こまっしゃくれた?5歳児のチコちゃんが「ぼーっといきてんじゃねーよ」とゲストを叱り、身近な気にも留めなかった疑問をクローズアップして、答えを教えてくれるから、なんとなく見てしまうのだ。

いつもゲストは2人だが、今回は3人で番組時間も73分(いつもは45分)と長かった。
(ゲスト…滝藤賢一、木村佳乃、河北麻友子)

今回の最初の疑問は…
「こんにゃくの黒い粒々は、なに?」

「こんにゃく」の粒粒ってなあに?

○チコちゃんの答え
こんにゃくの粒々は「ひじき」

日本こんにゃく協会の事務局長によると…
「現在売られているほぼすべてのこんにゃくにはひじきなどの海藻類を入れている」らしい。

こんにゃくは平安時代から食べられていた、という記録がある。
当時のこんにゃくは皮ごとすり下ろしていたので、皮の黒い粒々が入っていた。
秋から春に食べられる貴重な食べ物(ごちそう)だった。

こんにゃくの神様と言われた「藤右衛門」という人が、こんにゃく芋を乾燥させて粉にすることでいつでも食べられる方法をみつけた。

この場合、製造過程で皮が飛んで無くなってしまうので、白いこんにゃくができるようになった。

スポンサーリンク

だが、白いこんにゃくは、世間に受け入れられなく、売れ残るようになったので、ひじきを入れて作るようになった→以前のこんにゃくに似せるためわざと入れている、とのこと。

ここで岡村たちは「ひじきならひじき押しをしてもいいんじゃないの?」と言っていた、が…

ひじき押ししない理由

「色付けのためで、ひじきは少ししかはいっていない」から、だそうだ。
・ひじきの量は0.2%
・味や栄養に影響がない
ということらしい。

さらに情報として…
・現在、昔の製法で作られている「生芋こんにゃく」が一部で売られている。
・白いこんにゃくが一的な地域(東北・北海道)もあるそうだ。

自分はゴマだと信じて疑わなかったが、ひじきだったとは…。

 

他の疑問は↓以下の通り

チコちゃんに~!足の小指をぶつけるのは思ったより1㎝外を歩いているから!
「足の小指をたんすにぶつけるのは、なぜ?」 これは、今回のNHK「チコちゃんに叱られる」で出た2つ目の質問。その回答者には我慢強くてカッコイイ大人、ということでゲストの滝藤賢一が選ばれた。 滝藤賢一はチコちゃんに「くせっけ」と呼ばれたが
チコちゃんに叱られる!子供の寝相が悪いのはよく寝ている証拠!大人は?
子供の寝相が悪いのはなぜ? チコちゃんが岡村にゲストの中で「子供のことを何より大事にする大人って誰?」と聞かれ、手を挙げた木村佳乃。彼女の答えは「夢を見ながら動いている」だった。 もちろん「ぼーっと生きてんじゃねーよ」とチコちゃんに言わ
チコちゃんに~クジラが大きい理由?ドライヤーの冷風の意味?北海道だけなぜ道?
クジラが大きいのはなぜ? ドライヤーに冷風があるのはなぜ? 北海道だけがなぜ「道」なの? …それほど、疑問とは感じていなかったが、そう言われればその理由は知らない。 そんな疑問に、顔がでかくて、話し方が生意気な5歳児「チコち

スポンサーリンク